記事

ZOZO前澤友作氏ブレークの陰で剛力彩芽に現れ始めた悪影響


剛力彩芽(26)との交際もあって、すっかり時の人となったZOZOの前澤友作社長(43)。正月には自身のポケットマネーから総額1億円の“お年玉”を自身のTwitterのフォロワーにプレゼント。賛否両論を巻き起こしたものの、大いに話題となった。

だが、剛力のほうはまったく仕事の話が話題になっていない。

「それどころか長年イメージキャラクターをつとめていたヤマザキ『ランチパック』のCMが、年明けから山崎賢人(24)に交代。一部報道によると、すでに剛力との契約は終了。同じく長年イメージキャラクターをつとめていた『ヤクルトジョア』に関しても、昨夏の期間限定商品のCM以降は流れていません。新規のCMオファーが入ったという話も聞こえてきません」(芸能記者)

また、前澤氏は芸能活動に関するマネジメント契約をPR会社と締結。テレビ番組の露出を増やしている。だが剛力の場合は、ここに来て交際の“ダメージ”が顕著に現れ始めている。

「前澤社長は自身のSNSで『ランチパック』をPRしていましたが、剛力サイドからすればありがた迷惑。業界内からは『特定の企業のイメージが付きすぎて使えない』との声があがっており、むしろ悪影響です。また昨年12月いっぱいで長年MCをつとめていた情報番組『オスカル!はなきんリサーチ』のMCも降板。今月14日まで舞台『No.9―不滅の旋律―』の福岡・久留米公演に出演中ですが、その後は白紙状態。今後はメディアへの露出が以前に比べて激減しそうです」(広告代理店関係者)

すでに前澤氏との“愛の巣”である千葉県内にある豪邸は完成済み。このままゴールインして、表舞台から遠ざかってしまうのだろうか。

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。