記事

読売と英最大紙Sunとに通じる「紙」重視戦略

今年の読売新聞元旦号で、一番興味深く読んだのは8ページの別刷り「読売新聞オンライン始まるよ」でした。AKB48チーム8に所属する3人を表紙に持ってきて、中身はひたすら新生「読売新聞オンライン」のPR

ご存知の方も多いと思いますが、読売新聞は25年ぶりに本体価格を引き上げ、この1月から月極め4400円になりました。上げ幅は363円。それに合わせて、2月1日から、新聞読者限定の有料サービス「読売プレミアム」(月150円)を、現行の無料サービス「ヨミウリオンライン」に吸収して、さらに中身を充実させた「読売新聞オンライン」が始まるというのが売りです。

ただし、無料で新サービスを享受できるのは紙の読売新聞購読者だけ。それ以外の人は、読売新聞オンラインのサイトにアクセスは出来ても、使える機能は限られるとのこと。おそらくはニュース速報的な記事限定かもしれません。日経新聞を先頭に、朝日も毎日もデジタル課金を進める中で、敢えて流れに棹さす読売。あくまで紙の新聞を守り抜こうという経営姿勢が際立ちます。それを、元旦号の別刷りで強く感じたのです。

それから1週間あまり経った先日、同じように紙の新聞を守り抜こうとしている英国の新聞のケースをDigidayの記事で目にしました。かって300万部以上と英国最大部数を誇った大衆紙The Sunの挑戦です。

日本や米国同様、英国でも紙の新聞離れは甚だしく、その惨状をロンドン在住の小林恭子さんは3年ほど前のブログでこう紹介していました。

<英ABC協会の調べによると、新聞の発行部数は10年前には約1200万部に上ったものの、現在は700万部と約半分に減少した。新聞専門サイトのプレスガゼットによると、この間、約300の地方紙が廃刊となった>

The Sunもその影響をもろに受けていて、英ABC(Audit Bureau of Circulations )の昨年10月の数字はなんと往時の半分以下の140万部まで落ちています。

で、今打ち出しているのが、Sun Saversという愛読者サービス。毎日の新聞の印刷されている1部毎に異なるSun Saver Code(アルファベットと数字の組み合わせ)を、専用アプリか専用サイトに毎日打ち込んで行くと、現金が振り込まれるのです。



ただし、1個のコードだけではなく、28個のコードに達すると、5ポンド(700円)が銀行口座かPayPalのアカウントに送金されるのです。Sunの平日版は75ペンス(105円)ですから、7部相当ですね。それがあると思えば、ついつい、街頭でSunを選んで毎日、買うことにつながるのを狙っているのでしょうか。しかも、時々は10ポンドのボーナスも発生するようです。

それだけじゃなくて、実は昨年の6月から今年5月までの1年間、宝くじもやっています。これは先の現金プログラムとは別に、登録した上でSun Saver Code1個を打ち込むとそれがクジになり、毎月1人に1万5千ポンド(209万円)が当たります。さらに、昨年 6、9、12月と今年3月にはボーナス宝くじがあり、こっちは8万ポンド(1116万円)の大盤振る舞い。

そのほか、今年1月29日までにSun Saver Codeを10個集めて、Sun Hols(Holidaysの略)のプログラムに応募すると、英国内の他、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、スイスなど10カ国、333のHoliday Park(自炊する休暇村みたいなもののよう)に超格安で予約が取れるそう。このプロモーションは4月、7月にも行われるそう。

まだあります。Sun Superdaysというプログラムは、codeを9つ貯めて申し込むとお馴染みマダムタッソー蝋人形館など著名な娯楽施設ー2人で40~120ポンド相当ーへの入場券を入手できます。

Sun Saverは80万人のメンバーを集めていて、この各種プログラムに応じてSun Saver Codeを入力したメンバーは過去2週間で22%に達したということですから、かなり機能していることが窺えます。参加者はCodeを得るために頻繁にThe Sunを買い求め、Codeを探して新聞を繰って行けば自然と紙面にも親しむでしょうし、Codeを入力するためにSunのウェブサイトを開けば、ついでにいろんなページを見る可能性が高まり、トラフィックも上がって、デジタル広告収入にも良い影響が出ているかもしれません。The Sunは2015年11月に、サイトの課金を廃止しているのです。

こう見てくると、共に日英の最大紙The Sunと読売の戦略がなんだか似通っていなくもないですね。紙の新聞の減少を少しでも食い止めるために、デジタル課金で儲けようと思わず、サイトを無料にして、それを活用して大盤振る舞いする、という行き方が。今回、読売はプレミアムの月150円まで無くしちゃったわけだし。その次は、ものすごく金と人手をかけて構築した140年分の読売新聞アーカイブをどうするかに個人的には注目しています。

(なお、高速で印刷される新聞の一部一部に別々のcodeを印刷するなんてホント?って思いましたが、その道のプロに尋ねたらそういう装置があるとのことで、日本では中日新聞の独壇場のようです。それについての中日新聞関係者の記事を見つけましたのでリンクを貼っておきます)

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。