記事

「毎月勤労統計調査」問題は、国会で徹底的な事実解明を行うべき

「毎月勤労統計調査」が、あるべきやり方とは異なったやり方で調査が行われていた問題は、今日も大きく報じられています。

その中で、政府が「第三者」による調査を行うべしというものもありました。私は「またか」という想いでそれを読みました。

これまでも、防衛省のPKO文書隠蔽問題などをはじめとした様々な各省庁の問題が生じた際、最近はことごとくこの「第三者による調査」というものをやって、だからまだ国会では具体的なことは話せません、の一点張り、ということがずっと続いてきました。そしてほとぼりが冷めた頃に「こうでした」と調査報告を出して終わり、そんなやり方が安倍政権の通例。

だからまたかという感じなのです。

しかし、この毎月勤労統計調査の問題は本当に深刻です。国の「基幹統計」ですから。雇用保険に関する国民への各種支給事務のみならず、他の重要統計にも影響を与えます。

第三者の調査でお茶を濁し、時間を稼ぎ、という対応では到底済まされない問題。即座に、国会で、閉会中審査を行なって、できる限りの事実解明を進めて行くべきです。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計ミス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。