記事

フェイクニュースが拡散される原因は何か?

1/2
フェイクニュース問題は、とある研究がかつて指摘したような単純なものではない。(Photo by Omar Marques/SOPA Images/LightRocket/Getty Images)

2018年、「フェイクニュース問題の原因は、ひとつのニュースが注目されるスパンの短さと情報過多な社会状況にある」という調査研究が発表された。ところが実際はそう単純なものではない、とする意見もある。

2018年、Journal of Human Behaviorに、フェイクニュースがソーシャルメディアを賑わす原因について研究した論文が掲載された。同研究結果は米国では多くの報道機関で取り上げられ、広く話題を呼んだ。しかしその後、同研究の分析過程での誤りが明らかになり、結局論文は取り下げられた。

取り下げられた研究では、「フェイクニュースが拡散される原因は、ひとつのニュースが注目されるスパンの短さと情報過多な社会状況にある」と結論付けようとしていた。結論を導き出す過程で研究者たちは、フェイクニュースもリアルなニュースと同様にシェアされるような複数のSNSから得た経験的データと(インディアナ大学で情報・コンピュータ科学を担当するFilippo Menczer教授は、ローリングストーン誌に”疑いのない事実だ”と強調した)、さまざまなファクターに合わせてコントロール可能なソーシャルメディアサイト上に研究者自身が作った簡易モデルとを比較した。

結果を導くために構築した簡易モデルを使って現実の数字を再現できる、という前提が誤っていたため、「フェイクニュースが拡散されるのは、ひとつのニュースが注目されるスパンが短いためで、必ずしも無関係なボットプログラムが特定のニュースを拡散していることなどが原因ではない」との結論を導いてしまった。
2018年春、研究結果を再現しようとした過程で研究者たちは誤りに気付いた。ニュースへの注目スパンと情報過多は、彼らの作ったモデルネットワーク上を流れるフェイクニュースには影響を与えるものの、実社会におけるリアルニュースとフェイクニュースの拡散状況を左右するまでには至らないことが判明した。研究者たちはすぐさま掲載したジャーナルへ報告。ジャーナル側は訂正文を出すか撤回するかを決断するまでに約1年かかり、結局2019年1月7日、記事を取り下げた。

あわせて読みたい

「フェイクニュース」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  5. 5

    ガンの民間療法に走る著名人たち

    文春オンライン

  6. 6

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  7. 7

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。