記事

ドルしっかり、上値には依然慎重=NY外為

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが対ユーロで上昇した。テクニカル的な要因が支えとなったが、米連邦準備理事会(FRB)が追加利上げに慎重な姿勢を示す中で、ドルに対する見通しは引き続き暗いままとなっている。

テンパス(ワシントン)のバイスプレジデント、ジョン・ドイル氏は「ユーロが上値抵抗帯にぶつかった後、ドルにストップロスの買いが入ったようだ」と指摘。「ユーロ/ドルの急な値動きがドルの幅広い買いにつながった」と述べた。

もっとも、投資家はドルの上値に対し引き続き慎重だった。

今週発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を背景にドルが売られ、ユーロは1.1581ドルに上昇。3カ月ぶりに100日移動平均線を突破した。

BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略グローバル主任グレッグ・アンダーソン氏は、FRBの金利見通しが1月に入ってからのドル安の一因との見方を示した。

米労働省が11日発表した2018年12月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.1%下落と、3月以来9カ月ぶりのマイナスとなったが、市場への影響は限られた。[nL3N1ZB3SC]

スコシア銀(トロント)の主任FXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、FRBのハト派的な金利見通しとは別に、2019年は循環的かつ構造的で長期的なトレンドがドルの重しになると分析。「米ドルを支援するという観点からすれば、中銀の政策見通しはクライマックスに達している。また財政赤字と経常赤字の拡大はドルの中期的な弱さをもたらすだろう」と述べた。

午後の取引で、ドル指数は0.1%高の95.660。

ユーロは0.3%安の1.1465ドル。

ドル/円は108.48円と小幅に上昇。カナダドルは0.3%安。

中国人民元は対ドルで7月下旬以来の高値水準となった。

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。