記事

高須院長 前澤社長の1億円お年玉に「金の使い方を知ってる」

【高須院長も来年はお年玉企画を実施?】

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、世間を賑わせているZOZOの前澤社長による「1億円お年玉企画」についてお話をうかがいました。

 * * *

──今年の年始は、ZOZOの前澤友作社長の1億円お年玉企画がネットで大きな話題となりました。前澤社長がツイッターでお年玉企画を告知し、前澤社長をフォローした上で当該ツイートをRTしたユーザーの中から100人に100万円のお年玉をプレゼントするという企画です。最終的にはRT数は545万件以上となり、RT数の世界記録を樹立しました(1月9日現在)。

高須:あれは面白い企画だよね。お金の使い方としてはなかなか賢いよ。だって、宣伝効果はものすごいからね。RT数はもちろんだし、メディアもたくさん取り上げたじゃないの。テレビCMを打つより、何倍も宣伝効果がある。ネットの拡散力の大きさを本当に痛感するね。それこそ、マスメディアよりも社長本人のほうが大きな拡散力を持っているということなんだから、すごいと思う。

 ちなみに、高須クリニックもテレビCMをたくさん出しているけど、こちらは必ずしも宣伝だけが目的ではない。その番組や出演者を応援したいから、スポンサーになっているという要素が大きい。単純に宣伝だけをしたいなら、僕もテレビCMを打つより、ネットでいろんなことをやったほうがいいだろうしね。

──前澤社長のお年玉企画について、院長はツイッターで「面白い」とつぶやいていましたね。ただ、「だったら10人に1000万円あげるほうが夢があるのに」ともつぶやかれていました。

高須:そうそう。いきなり1000万円もらえるほうが、夢があるでしょ。どうせやるなら、できるだけ豪快にやりたい。“100人に100万円”というのは、ちょっとお行儀が良すぎる(笑い)。

 ただねえ、大きな額のお金をプレゼントするのはちょっと難しいんだよ。僕も女子アイスホッケー代表チームに現金1億円を寄付しようとしたら、断られたことがあるしね。いろいろと文句を言ってくる人も出てくるだろうし。そう考えると、100人に100万円というのは妥当なのかもしれないなあ…。企画を成立させたという意味では、前澤社長の選択は正しかったと言えそうだね。

──前澤社長はすでに当選者にダイレクトメールを送っていて、その内容を公開する当選者もいます。一部の分析によると、本名らしきユーザー名を使っていて、なおかつ顔写真を出していて、さらには100万円の使いみちについて、何らかのアピールがあった人が当選しやすかったとの説もあるようです。

高須:前澤社長がどういう基準で当選者を選んだかは分からないけど、もしもちゃんと使いみちを吟味していたというのであれば、とてもいいことだと思う。それはつまり、夢がある人々を応援しているということだからね。僕が、夢を持つ若者たちに寄付をしているのと同じだ。

 前澤さんは、どうやらあまり宵越しのお金を持たない主義みたいだね。僕も死ぬまでに財産を使い尽くすのが目標だから、もしかしたら似ているのかもしれない。お金の上手な使い方を知っているようだね。

──院長は「高須記念財団」を設立し、寄付活動をなさっていますが、前澤社長も「現代芸術振興財団」という財団を設立し、主に現代芸術の発展に寄与する活動を行っています。

高須:素晴らしいじゃないか。そうなったら僕も負けてられないな。来年は僕もお年玉企画をやりたくなってきたよ(笑い)。

 * * *

 新世代の篤志家ともいえる前澤社長に刺激された様子の高須院長。来年、果たして高須院長がどんな豪快なお年玉企画をぶち上げてくれるのか、今から気になって仕方ない!

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。脂肪吸引やプチ整形など、日本に「美容整形」を広めた第一人者。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)、『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)など。最新刊は『大炎上』(扶桑社新書)。

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  3. 3

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  4. 4

    消費税アップで国民負担は25%増

    毒蝮三太夫

  5. 5

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  6. 6

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    中韓に抜かれたTV事業 アニメも?

    諌山裕

  9. 9

    山本太郎氏の原点綴る一冊に驚き

    かさこ

  10. 10

    徴用工問題めぐり河野大臣が会見

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。