記事

いやあ、これは青天霹靂の一大事。今年は何があっても驚かないことにしよう

先ほどのニュースで、日本オリンピック委員会の恒和会長が東京オリンピック招致に関わる贈賄の罪でフランスの検察当局に起訴されていた、ということが報道されていた。

すわ、ゴーン氏追起訴の報復か、などとネット界隈で騒ぎ立てられているが、どうもそれとは無関係のようである。
オリンピック招致活動に不明朗な金銭の支出があったのではないか、という黒い噂が一時流れていたことがあったが、フランスの司法当局がどうやら水面下で捜査を続けていたらしい。

2020年の東京オリンピックにケチが付いてしまったな、という印象が強いが、これは仕方がない。
如何にもありそうなことだな、と門外漢の私たちは言わざるを得ないが、フランスの司法当局がどこまで捜査の網を拡げていくのか注視していくしかない。

日本オリンピック委員会の関係者の方々は、今頃さぞかし戦々恐々とされているだろうが、何も悪いことをしていないのであればジタバタされないことだ。

今年は、やはり大変な一年になりそうだ。
何があっても驚かないことにしよう。

オリンピックの誘致には、皆さん、どうしても無理をしてしまうのだろう。

あわせて読みたい

「JOC竹田会長の贈賄疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  2. 2

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  3. 3

    NGT事件 女性の主張を茶化す日本

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

  5. 5

    NGT事件 秋元康氏の責任追及せよ

    渡邉裕二

  6. 6

    韓国軍の謝罪を許可しない文政権

    AbemaTIMES

  7. 7

    日本軽視の韓国を大国が見放す日

    MAG2 NEWS

  8. 8

    たけしの労働持論に若者が反論

    キャリコネニュース

  9. 9

    志らく 純烈・友井の引退に疑問

    キャリコネニュース

  10. 10

    賃金上昇は嘘 不正統計で明白に

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。