記事

2018年に転換点を迎えたeスポーツ、2019年はどうなる?

2018年ユーキャン新語・流行語大賞のトップテン入りを果たした「eスポーツ」。メディアで目にする機会が増えたという人も多いのではないだろうか。

それもそのはず。2018年はeスポーツ界隈にとって、大きなターニングポイントになったと言っても過言ではないほど、激動の1年間だったのだ。では、実際にどのような出来事があったのか。ざっくりと2018年を振り返りつつ、2019年の展望を考えてみたい。

歴史的な出来事が相次いだ2018年のeスポーツ

アメリカのメジャーeスポーツイベント「EVO」の日本版である「EVO Japan」開催から始まった2018年のeスポーツ。最初のビッグニュースと言えば、日本eスポーツ連合(JeSU)の発足ではないだろうか。日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)という3団体が統合して生まれたJeSUは、プロライセンスの発行や関係各所との連携など、日本eスポーツの土台部分を固めていくのに欠かせない存在だ。

そして、第18回アジア競技大会(ジャカルタ・パレンバン)では、デモンストレーション競技ながらeスポーツが競技に採用されたうえに、『ウイニングイレブン』の日本代表が金メダルを獲得『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会である「Worlds」では、日本チーム(DetonatioN FocusMe)が悲願の初勝利を収めた。

また、『クラッシュ・ロワイヤル』の世界大会「クラロワリーグ 世界一決定戦 2018」と、優勝賞金1億円の『シャドウバース』世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2018」という2つの世界大会が日本で開催されたことも、日本eスポーツ史に残るような出来事だった。

池袋と秋葉原で開催されたEVO Japan

闘会議2018のステージでJeSUについてのトークセッションが行われた

アジア競技大会では、デモンストレーション競技に6タイトルが選出された。そのうち5タイトルで日本代表の選考会を行った

Worldsでは日本チームが初勝利を収め、歴史的快挙を成し遂げた

アジア、ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、中国、それぞれのリーグの優勝チームが集まった「クラロワリーグ 世界一決定戦」。記念すべき第1回大会の開催地に日本が選ばれた

世界に比べ賞金額が少ないと言われた日本のeスポーツにおいて、初めて1億円を突破した「Shadowverse World Grand Prix 2018」

クラッシュ・ロワイヤル』『モンスターストライク(スタジアム)』『実況パワフルプロ野球(パワプロ)』『ぷよぷよ』など、2018年になってeスポーツリーグ、eスポーツトーナメントを開始したタイトルが多く登場したことも印象的だ。

特に『パワプロ』のリーグで行われた「eドラフト会議」には、プロ野球OBや球団関係者が訪れただけでなく、試合の解説をプロ野球解説者が務めるなど、これまでにはない試みも見られた。リアルスポーツの積極的な参入は、まだeスポーツを見たことないという人に対して、見始めるきっかけを提供してくれるのではないだろうか。

『モンスト』のプロチームによるトーナメントツアー「モンスターストライク プロフェッショナルズ 2018」が初開催

6月より始まった『ぷよぷよ』eスポーツ大会。1年かけてチャンピオンを決定する

日本プロ野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントによる「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」

これだけ見ても、世界規模の大会が日本で開催されたり、新たなリーグがいくつもスタートしたりと、激動の1年だったeスポーツ業界。話題性もあり、さまざまなメディアに取りあげられるようになったが、正直なところ、「一般化された」と言うには、まだまだという印象である。ただし、ひとまずキックオフとしては、十分な成果が出せたのではないだろうか。

官民の後押しでeスポーツはさらなる成長を遂げる

2019年も2018年と同様に、eスポーツには新たな動きがあると見られている。大きなところだと、3月には「全国高校eスポーツ選手権」が行われ、10月には「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムにて『ウイニングイレブン 2019』『グランツーリスモ SPORTS』『ぷよぷよeスポーツ』という3タイトルの大会が実施される。また、JeSU(eスポーツ連合)とAESF(アジアeスポーツ連盟)による「eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜」の開催も注目すべき動きだ。

毎日新聞とサードウェーブが共催する「全国高校生eスポーツ選手権」。全国80校以上が参加している

国体の文化プログラムにて開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」

「eスポーツ国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜」の開催を発表するJeSU副会長浜村弘一氏

さらに東京都は「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮称)」の開催を年明け早々に発表し、すでに19年度予算案に盛り込んでいる。成長著しいeスポーツ業界は、多くの産業振興に結びつく可能性があるという、ポテンシャルが認められつつあるのではないだろうか。都知事杯の詳細は未定だが、地方自治体によるeスポーツイベントの恒常化に繋がりそうな気配だ。

民間の動きとして気になるのは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの存在。2018年3月にeスポーツプロチーム「よしもとゲーミング」を始動させ、11月には渋谷の「よしもと∞ホール」があるビルの最上階に、eスポーツ施設「よしもと∞ドーム」をオープンした。12月には『リーグ・オブ・レジェンド』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League 2019(LJL)」に、運営として参加することも発表している。こういった非ゲーム産業からのeスポーツ参入は、eスポーツの興行的な発展やエンターテインメント化に、大きく力添えしてくれるはずだ。

昨年11月にオープンした「よしもと∞ドーム」。地下にある「よしもと∞ホール」もeスポーツイベントで使用する予定で、LJLの大会はよしもと∞ホールで行われる

おそらく今後は、都や県など地方自治体によるeスポーツイベントの展開、中学校、高校、大学、専門学校など教育機関の参加、イベント会社や芸能事務所によるイベント運営などがますます増えていくことだろう。そうなると、これまでのIPホルダーやファンコミュニティ中心のイベントとは違った側面で、より大きな市場での展開になっていくと考えられる。その結果、2019年は2018年以上にeスポーツが急発展する可能性があるのだ。

ただし、急速な発展にインフラや法の整備が間に合っていないという課題も残されている。風営法や上映権問題など、そのあたりの整備が発展速度に追いついていかないと、すべてが泡と消えかねないだろう。

2019年、eスポーツがさらなる飛躍を遂げることは間違いない。しかし、何かしらの結果を出さないことには、ここ数年耳にする”○○元年”と言われたものと同様に、元年のまま埋もれてしまう可能性もある。今後数年の活動によって、eスポーツの行く末が決まるのだ。

あわせて読みたい

「eスポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  2. 2

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  4. 4

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  5. 5

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  6. 6

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  7. 7

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  9. 9

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  10. 10

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。