記事

厚労省「たばこ一律規制強化」に疑問の声

1/2

とどまるところを知らない「禁煙規制」の波だが、来春にはさらに厳しい強化が待っている。改正健康増進法が、全面施行されるからだ。すでに厚生労働省では、専門委員会による審議を経て、細目の詰めを昨年末から検討している。なかでも最大の焦点となるのが「加熱式たばこ」の扱いだ。科学的には「紙巻き」より格段に低い有害性にも関わらず、「害がないとは言えない」を論拠に、一網打尽の方向に舵を切ろうとしている――。


風速など「喫煙専用室」の設置基準は、さらに厳格化する雲行きだ。(写真=ロイター/アフロ)

結局「加熱式」の特性は無視された!?

2020年の東京五輪開催に合わせた受動喫煙対策の強化をめざし、18年7月に成立した改正健康増進法。医療・教育施設や官公庁等では原則として敷地内禁煙、飲食店やホテルやオフィスなど、多数の人々が利用する施設では、原則として屋内禁煙が義務付けられるほか、違反に対する指導や勧告で改善が見られない場合について、新たに罰則(最高50万円の過料)も設けられた。20年4月1日の全面施行を前に、厚生労働省では現在、例外的に喫煙が認められる喫煙専用室の仕様など、省令で定められる細部の詰めが行われている。

受動喫煙対策の強化というアイデアそのものに、異論を唱える向きは少ないだろう。一方で飲食店などの業界団体からは、設備の導入コストや建築上の制約、そして1年半にも満たない時間的制約があるなか、一律に罰則つきの規制強化が行われることへの戸惑いの声も上がっている。

これまでは店内に仕切りを設けたり、禁煙フロアと喫煙フロアを分けたりといった「分煙」での対応が認められていたが、改正法の全面施行後は、所定の煙流出防止措置を施した喫煙専用室(飲食等は不可)でのみ喫煙可とする対応が義務付けられる。個人または中小企業が経営する100平方メートル以下の既存の飲食店では、経過措置として標識を掲示すれば店内での喫煙または分煙が認められるが、全面施行以後の新規店舗は、規模にかかわらず新基準への準拠が必要になる。

室内全面禁煙で先行する欧米などの諸外国では、屋外での喫煙は認められているケースが多く、「店内は禁煙、吸いたい人はちょっと席を外して外で吸う」というスタイルが一般的だ。だが日本では吸い殻のポイ捨て問題などから、屋外での禁煙措置が先行。多くの都市で路上喫煙や歩行喫煙が条例等で規制されており、飲食の合間に外で喫煙できるとは限らない状況だ。一方、厚労省が想定する規定(入り口付近で風速0.2m/秒以上の内側への気流を確保)を満たす喫煙専用室の設置には屋外排気型の換気装置が必要で、ビルのオーナーがその工事を認めないケースも考えられる。中小の新規飲食店が喫煙も可能な環境を整えるには、コストを含めかなり高いハードルが要求されることになりそうだ。

もう一つの論点は、最近ユーザーを急速に増やしつつある加熱式タバコへの対応だ。匂いが少なくてタールも出ず、主流煙が含む主な発がん性物質は、紙巻きタバコに比べ75%~99%以上も少ない(*1)。「最近は喫煙所によっては、紙巻きたばこより加熱式たばこのユーザーのほうが多いこともあります」と、加熱式たばこに詳しいライターのナックル末吉氏は言う。吸い込んだときだけ加熱する構造なので、副流煙がないことも特徴だ(したがって、受動喫煙に関係するのは吸った人が吐き出す呼出煙のみとなる。正確には、燃焼しているわけではないので、排出しているのは煙ではなく蒸気であることも健康被害が少ない理由の一つ)。

だが今回の改正健康増進法では、加熱式たばこも原則として通常の紙巻きたばこと同じ扱い。当分の間の経過措置として、飲食店などでは現行の分煙タイプに近い専用スペース(飲食等も可)での喫煙も認められているが、その場合も紙巻たばこ用の専用喫煙室と同等の煙流出防止措置が義務付けられそうだ。「(紙巻たばこ用の)喫煙専用室と同等の基準を設けることは過剰ではないのか」という意見も、飲食店などの業界団体へのヒアリングでは上がっていたが、18年12月11日に厚労省で開かれた「第11回たばこの健康影響評価専門委員会」では、「入口における風速が毎秒0.2メートル以上」という規制を加熱式タバコ専用室にも適用する方向で、事実上の結論が下された。

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。