記事

「18歳意識調査 成人式」―18歳成人後も式は引き続き20歳で―

1月は成人式の季節。民法改正に伴い成人年齢が18歳に引き下げられる2022年以降の成人式をどうするかに関心が高まっている。

第7回目の「18歳意識調査」で、現在の18歳に一足早く意見を聞いた結果、全体の約70%が「公式行事としての成人式は必要」(69.8%)、「成人式には出席したい」(70.6%)とする一方で、4人に3人(74%)は実施時期を引き続き20歳とするよう求めているという結果が出た。


18歳だと「受験に重なる」(62.8%)、「就職の準備がある」(23.8%)=重複回答=が主な理由。成人式に関する法律の定めはなく、開催は各自治体の判断による。成人式発祥の地とされる埼玉県蕨市や香川県の高松、坂出両市が既に成人年齢が18歳に引き下げられた後も20歳を対象に実施すると発表しているほか、静岡県焼津市のように、成人式の名前を「はたちの集い」に変更して、やはり20歳を対象に行う方針を打ち出している自治体もある。

民法改正に伴い新たに成人となる18歳が現在の成人と同様の“大人扱い”を受けるわけではなく、酒やタバコは22年以降も20歳にならないと認められない。こうした点を受け、「(18歳成人式では)式に合わせに酒を飲んだりタバコを吸ったりできない」と引き続き20歳での成人式を求める意見も38.2%に上っている。

一方で4人に1人(23.9%)は18歳での成人式を希望、その理由として「新たな成人年齢がふさわしい」(62.8%)、「18歳で成人になるのに成人式が違う年齢では混乱する」(39.8%)、「18歳でも成人になったと自覚できる」(30.9%)=重複回答=が並んでいる。

調査結果を見る限り、成人式をどちらで行おうと、それぞれに理があるような気がする。一方で18歳成人を3年後に控え、自治体の議論も今後、本格化する。無責任な言い方になるが、それぞれ地域の特性・事情も絡め、いろんな形の成人式があっていいのではないかと思う。

例年、問題となる荒れる成人式に関しては71.5%が「騒ぐ気持ちが分からない」、87.1%が「騒ぎたくない」としている半面、「自分も騒いでみたい」とする意見も12.9%に上っている。騒いでみたい理由(自由回答)では「もうこれから先、そのような事が出来なくなる年であり節目であるから」(男性)「大人になったら騒げないから」(男性)、「大人になる日でもあるが、子ども最後の日でもあると思うから最後に暴れておきたい」(女性)など、大人への仲間入りを前にした、いささか複雑な気持ちもにじみ出ている。

あわせて読みたい

「成人式」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  5. 5

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。