記事

「頭の片隅にもない」は本当か?「衆参同日選」の状況証拠は“あの新聞”に - プチ鹿島

「頭の片隅にもない」

【写真】12年前の安倍首相辞任会見

 年頭会見で、今夏の参院選に合わせた衆院解散・総選挙を問われた際の安倍首相の言葉だ。いわゆる衆参同日選挙の可能性について。

 首相が「ない」と言ってるのだから「ない」のである。

 しかしここで思い出したい。「あった」ものが「なかった」り、「なかった」ものが後から「あった」と言われることが多かった昨年のことを。

 そう考えると首相が「ない」と言ってるのだから「ある」可能性も高い。そんな気もしてきた。


1月4日、年頭の記者会見をする安倍晋三首相 ©時事通信社

 では、推理小説を読むつもりで年明けの新聞各紙を読んでみよう。ヒントがあるかもしれない。

安倍首相にとっては“12年前の雪辱”

 まず多いのは「亥年の選挙」についての解説だ。

 今年は春の統一地方選と夏の参院選が重なる12年に一度の「亥年」。

《自民、公明両党には不利な条件が重なる。多くの地方議員を抱える両党は、統一選で組織がフル回転。間を置かずに行われる亥年の参院選では「選挙疲れ」から苦戦を強いられてきた。》(毎日新聞1月5日)
《安倍首相にとっても第1次政権を担っていた12年前、統一選で野党民主党の躍進を許し、参院選で惨敗、その後の退陣に追い込まれた記憶は鮮明だ。先月18日の自民党役員会で「あれから政局が不安定になった」と12年前の亥年選挙を振り返り、選挙態勢に万全を期すよう求めた。》(朝日新聞1月5日)

 つまり今年の「亥年選挙」は安倍首相にとって12年前の雪辱であることがわかる。今年は勝ちたい。チャンスがあれば衆参同日選挙も?

 しかし同日選は「頭の片隅にもない」と言っているではないか。状況証拠はあるのか?

 ……あったのである。

読売がさらりと告げた「G20」6月開催の舞台裏

 読売新聞の1月4日の記事。「亥年参院選へ 外交に全力 日露次第『衆参同日』論も」

《安倍首相は外交を中心に成果を重ね、統一地方選と重なる12年ぶりの「亥年選挙」を乗り切る戦略を描く。》

 やはり読売を熟読するといいことがある。「12年ぶりの『亥年選挙』を乗り切る戦略を描く」と安倍首相の胸の内を教えてくれる。

 読売は首相が今年前半に最優先課題に据えるのは日露外交だ、と書く。

《1月21日にモスクワでプーチン大統領と首脳会談に臨み、日露平和条約交渉を進展させたい考えだ。6月に日本で初めて開かれる大阪での主要20か国・地域(G20)首脳会議に合わせて来日するプーチン氏との間で、北方領土の問題解決に向けた大筋合意を目指す。》

 そういえば今年はG20が日本で開催される。

 この記事の読みどころは次だ。声を出して読んでほしい。

《G20は、先進7か国(G7)の主要国首脳会議(サミット)の後に開かれるのが慣例だ。日本政府は今年のG7議長国のフランスと交渉し、8月に予定されるG7サミットより早い6月のG20開催にこぎ着けた。首相官邸筋は「全ては参院選を前に見せ場を作るためだ」と明かす。》

 え!?

 参院選の前に「見せ場を作るため」、G20の日程をフランスにお願いして変更してもらった!?

 首相が熟読しろという読売が書いているのだから間違いない。「首相官邸筋」の言葉が載っている。

 国際的なG20を、参院選対策のために日程変更してもらったのだ。「6月のG20開催にこぎ着けた」と普通に書いているが、かなりギョッとする事実ではないか。

《ロシアとの北方領土問題の行方次第では参院選に合わせた「衆参同日選」の可能性も取り沙汰されそうだ。》

 つまり、衆参同日選挙もプーチン次第ということになる。

 だからこそ首相は現時点では「頭の片隅にもない」のだろう。どうしても同日選の可能性について知りたい記者は安倍首相ではなくプーチンに聞くのが正しい。

毎日も放り込んできた!

 次に毎日新聞の記事を紹介する。

「選挙イヤー 首相試練 増税、改憲、北方領土… くすぶる同日選」(1月5日)

《首相の念頭にあるのは北方領土問題だ。首相は21日にも訪露してプーチン大統領と会談。6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議の大阪開催の際の会談で「進展」を得て政権浮揚につなげ、参院選を有利に戦うシナリオを描く。》

 ここまでは前日の読売の解説どおり。

 注目はここ。毎日新聞も放り込んできた。

《5月の改元やG20開催も政権への追い風になると踏んでおり、「首相は最近かなり高揚している」と首相側近は明かす。》

 同日選挙があるかないかはともかく、確実に夏におこなわれる参院選について「首相は最近かなり高揚している」らしい!

 G20の日程は参院選の前に変更した。あとはプーチンへの期待。この状況をロシアが知らないわけがない。

 選挙を前にお土産が欲しい日本側に対し、ロシアは交渉ではいったい何を言ってくるのか。何を要求してくるのか。アドバンテージは向こうにある。あれ、こういう拙速さって国益を損ねてない?

朝日社説は冷ややかに

 そもそも考えておきたいこともある。

 あらゆることが選挙対策のようにみえる今。北方領土問題さえ選挙用にみえる。となると次の論点もやはり必要ではないか。

《「首相の専権」などと仰々しく語られる衆院の解散権にも、縛りをかけなければならない。》
《解散権の乱用問題は古くから論争の的だ。権力の振り分け方を正すという観点から、そろそろ再考すべきである。》

 上記は、朝日新聞の元日の社説に書かれていたことだ。

 元日の社説ということは今の政治状況を見て「亥(い)の一番」の杞憂事項を書いたとも言える。

 亥年選挙の年、政治家の猪突猛進という大義名分には注意です。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ不振の原因は電子決済遅れ

    永江一石

  2. 2

    東京五輪は中止リスク抱える計画

    内田樹

  3. 3

    透析中止を提案 ある医師の独白

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  6. 6

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  7. 7

    NHK朝ドラ 診察描写に医師が感心

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

  9. 9

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  10. 10

    韓国がすべきは日米との関係修復

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。