記事

韓国大統領、北に「大胆な措置」呼びかけ 徴用工で日本けん制


[ソウル 10日 ロイター] - 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で年頭の記者会見を開き、日本企業の資産差し押さえが裁判所に認められるなどした元徴用工訴訟について、司法判決を尊重する考えを表明した。その上で、韓国との歴史問題を日本側は政治問題化すべきでないなどとけん制した。また、北朝鮮が米国から譲歩を引き出すには、非核化で「大胆な措置」が必要との認識を示した。

文大統領は、日本の指導者が韓国との歴史問題を政治化させることは今後の二国間関係を損ねる可能性があり、賢明ではないと発言。また、韓国政府は司法判決を尊重しなくてはらならず、日本はそれを理解すべきとの認識を示した。

第2次世界大戦中の元徴用工を巡っては、韓国最高裁が日本企業の賠償を認めた判決を受け、原告側が新日鉄住金の資産差し押さえを申請。韓国の裁判所がこれを認めたことから、日本政府は9日、駐日韓国大使に対し、1965年の日韓請求権協定に基づくニ国間協議を要請した。

<在韓米軍の撤退は>

文大統領は、近く2回目の米朝首脳会談が開かれる可能性があるとも発言。核交渉の行き詰まりを打開するためには、北朝鮮が2回目の米朝首脳会談で妥協する必要があるとの考えを示した。

文氏は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中距離弾道ミサイルの廃棄、核施設の解体といった具体的な措置を講じる必要があると主張。在韓米軍の撤退については、米国が応じる可能性は低いとの見方を明らかにした。

文大統領は「2回目の首脳会談は、北朝鮮が具体的にどのような措置を講じるのか、それに対し米国がどのような見返りを与えるのか、その条件で合意する場となるだろう」と語った。その上で、「在韓米軍やグアム・日本などの戦略兵器は、北朝鮮だけに関係するものではない。北東アジア全体の安定と平和のために存在している」と述べた。

2回目の米朝首脳会談が実現すれば、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による初のソウル訪問も実現するとの見通しも示した。

同大統領は「2回目の首脳会談に向けて、間もなく米朝のハイレベル協議について話があるだろう」と述べた。

ポンペオ米国務長官は昨年、複数回、平壌を訪問しているが、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長との会談は昨年11月に突然キャンセルされ、日程の再調整も行われていない。

さらに文氏は、金委員長が開城(ケソン)工業団地と金剛山(クムガンサン)観光の南北共同事業を無条件で再開する用意があると発言したことを歓迎。対北制裁を巡る問題の解決に向け、米国を始めとした国際社会と協力していく考えを示した。

*写真を追加しました。

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ不振の原因は電子決済遅れ

    永江一石

  2. 2

    東京五輪は中止リスク抱える計画

    内田樹

  3. 3

    透析中止を提案 ある医師の独白

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  6. 6

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  7. 7

    NHK朝ドラ 診察描写に医師が感心

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

  9. 9

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  10. 10

    韓国がすべきは日米との関係修復

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。