記事

名門医学部「純血主義」が生む「不正」「性犯罪」「医療事故」 - 上昌広

1/2
[画像をブログで見る]

 2018年は医学部の不祥事に明け暮れた1年だった。それを象徴するかのように、12月14日、文部科学省は医学部を対象に実施した入試状況の緊急調査の結果を公表した。この調査では、全81の医学部のうち、9校が「不適切」と認定された。女子や浪人の受験生を差別し、OBの子弟を優遇していたことが明らかとなった。

慶大の不正入試疑惑

 不適切と認定されたのは、岩手医科大学、東京医科大学、昭和大学、順天堂大学、日本大学、北里大学、金沢医科大学、神戸大学、福岡大学の9校だった。さらに聖マリアンナ医科大学は差別を否定したため、「不適切の可能性が高い」とされ、大学は調査を求められた。

 12月29日には、東京医大が第三者委員会(委員長・那須弘平弁護士)の調査結果を公表した。女子や多浪生への差別は2006年度から始まり、伊東洋・元学長が指示したと認定した。その理由として、附属病院の経営のため、結婚や出産で離職する可能性がある女子学生の合格者数を抑えたいという思惑があったと結論した。

 わが国は憲法14条で「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定されている。東京医大の行為は憲法違反の可能性が高い。民主主義の根幹に関わる問題であり、病院経営というゼニカネの問題で済ませてはならない。

 東京医大の問題は、これだけではない。調査報告書では、さらに、入試問題漏洩、OBの国会議員による口利き、寄付金が合否に影響した可能性も示唆された。

 こうなると「犯罪」だ。関係者は民事、刑事で厳格に処分すべきだ。また、不正に入学した学生は退学させ、不正に入学し、医師免許を得た者は、資格を抹消すべきだ。この際、膿を出し切らなければならない。

 もちろん、これは氷山の一角だろう。知人の東京医大幹部は、「私たちだけが批判されているが、もっと悪質な連中は他にもいる」と言う。今回、名前は挙がらなかったが、男女の合格率が異なる大学は他にもある。例えば、慶應義塾大学の女子の合格率は男子の0.55倍だ。平等に扱って、このような偏りが生じるとは考えにくい。

 慶大の不正入試疑惑は、これだけではない。月刊誌『選択』は2019年1月号で「慶應医学部『系列校進学』に情実疑惑」という記事を掲載した。新入生を対象とした1名の研究医養成枠は、附属高校から、成績と関係なく、小論文と面接だけで入学させるらしい。誰もが選考基準に興味を抱く。ところが、昨年入学した1名は、医学部長(当時)を務めていた人物の子弟だった。医学部長は、入学試験の最高責任者だ。『選択』は「『あいつが反対したから、自分の息子が選ばれなかった』と後からにらまれたくないとの思惑も働いたのではないか」との関係者の見方を紹介している。誰もが納得するだろう。この件、違法ではないが、世間の常識からは逸脱している。

閉鎖的なムラ社会を形成

 どうして、こんなに医学部で不祥事が相次ぐのだろう。なぜ、こんなことでやっていけるのだろう。

 それは、我が国では政府が医学部の新設を認めないため、新規参入者との競争に曝されないからだ。優秀な生徒を入学させ、しっかりと教育しなくても、入学希望者は殺到する。何もしなくても、カネが入ってくる。その1例が東京医大の裏口入学だ。

 さらに、東京医大の贈収賄事件で明らかになったように、監督官庁である文科省とも癒着している。前出の東京医大幹部は、「文科省に我々を処分する資格はない」と開き直る。

 医学部がここまで腐敗してしまったのは、なぜか。それは閉鎖的なムラ社会を形成しているからだ。特に私大医学部で、その傾向が強い。

 まず、学費が高い。安いとされる順天堂大でも6年間で2080万円もかかる。埼玉医科大学(3957万円)や北里大(3953万円)とは比べものにならないが、一般家庭が払える額ではない。この結果、「半分以上の学生の親が医師(順天堂大OB)」という特殊な環境が出来上がる。

 さらに、多くは単科大学だ。まわりは医者の卵ばかり。授業や実習はもちろん、私生活まで共にするところもある。順天堂大や昭和大では新入生は寮生活を送ることが義務付けられている。

 順天堂大の場合、発祥の地である千葉県佐倉市近郊の啓心寮に入寮する。同大は、そのホームページで「順天堂大開学以来の伝統」と誇り、「最終日の裸まつり。寮生全員でミコシを担ぎ酒々井町を練り歩きます。寮祭を終えた寮生は誰もが熱い感動で充たされ、固い友情と順天堂で学ぶ誇りが生まれてくるのです」と自画自賛する。まるで昭和のノリで、いまどき、体育系大学でも、こんなことは言わない。

 課外活動で付き合うのも医学生ばかりだ。慶大のような総合大学でも、サークルやクラブは医学部独自のものが存在する。若者が成長するには自らと異なる存在との接触が欠かせない。ところが、現在の医学部教育は、このような視点が皆無だ。

 私大医学部の多くの教員は、このことに問題意識すらもっていない。自らも狭いムラ社会で育ってきたからだろう。特に名門とされる医学部に、その傾向が強い。

教授の大半が自校卒

 東京で名門とされるのは戦前からの御三家である慶大、東京慈恵医科大学、日本医科大学に加え、順天堂大、昭和大、東京医大の6校だろう。このうち3校が、文科省の調査で「不適切」と認定された。さらに、慶大の疑惑も紹介した。

 一方、それ以外の東京の私大医学部5校のうち、「不適切」と認定されたのは、わずかに日大だけだ。大きな差がある。

 私が注目するのは、「名門大学」では、教授の大半を自校卒の医師が務めることだ。特に臨床系で、その傾向が強い。『医育機関名簿2017-’18』(羊土社)を用いて、我々の研究所(医療ガバナンス研究所)が調べたところ、臨床系教授(特任や客員は除く)のうち、自校の卒業生が占める割合(大学院卒も含む)は、慶大の86%を筆頭に、最下位の順天堂大でも50%だった。順天堂大は天野篤心臓血管外科教授を筆頭に、スター教授を外部から招聘するが、それでもこの数字だ。

 ちなみに、「その他」の5大学に分類された帝京大学は2%。教授陣の多くは東大など別の大学の出身者だ。このような「人事交流」が学内に異なる文化を持ち込んでいるのかもしれない。

「名門医大」は純血主義だ。そして、そのことを誇りに思っている。国立大学を卒業し、ある「名門医大」の教授を務めた人物は、「毎年、新年会の理事長の挨拶では、団結や母校愛が強調され、なかば強制される。余所者には入れない独特の世界」と評する。

 余談だが、東京の大学で閉鎖的な大学が、もう1つある。それは東京大学だ。教授の大半は自校出身で、鼻持ちならないエリート意識をもつ。本稿では詳述しないが、東大から不祥事が続出している病理も、「名門医大」と似ている。

あわせて読みたい

「医学部」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  5. 5

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。