記事

地方創生でも活躍?定住しない「アドレスホッパー」若者たちの実態

1/2

 都内のIT企業に勤める早川春菜さん(23)は、リュックにパソコン、ノート、筆記用具、折り畳み傘、洋服、化粧ポーチ、ハンドクリーム、財布、スマホ、充電器、最小限の着替え、といった最小限の生活必需品だけを詰め、大学時代の先輩の家などを転々としているという。いわば定住先を持たない"家ナシ生活"だ。


 きっかけはアメリカでの経験だ。「2か月くらい、色んな人の家にお邪魔した。人に出会って視野が広がるし、面白かった」。そして先月、住んでいたマンションを解約した。「滞納した光熱費の督促状を見て、"払おう"じゃなくて、むしろ"家賃と電気代を払っているのか"という疑問がわいた。月々の家賃・光熱費を合わせた約11万円を、体験と出会いに使うことを選択。1週間限定のルームシェアサービス「weeeks」で暮らし始め、その後は先輩の家を拠点に、南千住と赤坂のシェアハウスを利用し、出費は月5万円ほどに抑えることができているという。


 それでも男友達の「もし自分の彼女だったら結構キツい。だって知らない男がいる家にでしょ?アウトじゃないですか?」との意見に、「しばらく彼氏はできないんだろうなと思った」と苦笑していた。


■興味を持った人たちがイベントに続々

 早川さんの"家なし生活"を後押ししたもう一つの理由が、"家を捨てた男"こと市橋正太郎さん(32)との出会いだ。市橋さんは京都大学を卒業後に就職した大手IT企業を一昨年に退社、年収1200万円を捨て、年収600万円のベンチャー企業「mgram」に転職するとともに、家賃13万円のシェアハウスを解約した。その後は勤務先を拠点に自由気ままな生活を謳歌していたが、ほどなくその会社も辞め、海外も含めてぶらぶら。この年末年始はフィンランドやエストニアでサウナ体験をしていたという。


 そんな市橋さんは家を持たない自分のような人のことを「アドレスホッパー」と名付けた。市橋さんが主宰する「Hopping Night」には、そんな市橋さんに影響された人々が数多く集まる。「旅をしながら生活している方や、シングルマザーで子育てしながら旅をしているといった方、料理をしながら世界中旅をしている方など、人が人を呼んで、どんどん増えている」と市橋さん。早川さんも、そんな参加者の一人だったのだ。


 参加者たちは「市橋さんの企画を見て、家を捨てる決断をした」「家を所有する価値がそんなになくなっていると思う。やっぱりもうシェアする時代なのかな」と口を揃える。実際、参加した40人のうち、半数近くがアドレスホッパーだ。


 親の反対に遭いながらも、アドレスホッパーになるべく実家を出る決意をしたのが、女子大生の高瀬夢奈さんだ。「ずっと実家に住んでいて、都内には興味もなかったけど、1週間weeeksで暮らしてみたら都内に出たくなった。そこから市橋さんに影響を受けて、この暮らし方、めっちゃいいやん、となって。実家に帰るとなると、22時が終電なので縛られている感じがしていた。それだったら今日はここ、明日はここみたいに、気分次第で自由に暮らすのが良いなと思った。ハードルが高いと思われがちだが、みんな友達の家に泊まったりしていると思う。気軽に、3日くらいとか挑戦してみると良いと思う」。


あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  5. 5

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。