記事

ブレグジット審議再開で与党から造反相次ぐ メイ首相窮地か

1/2
保守党議員がメイ政権に造反する事態が続いている (HOC)

イギリスの下院で9日、テリーザ・メイ首相が欧州連合(EU)とまとめた離脱協定をめぐる審議が再開された。

下院では元法務長官のドミニク・グリーヴ議員(保守党)が、下院が離脱協定を否決した場合の代替案の提出期限について、修正案を提出した。政府は反対したが、保守党議員17人が造反し、308対297の賛成多数で可決された。

下院では15日に離脱協定の採決が行われる予定で、9日は5日間にわたる審議の初日。15日に協定が否決された場合、政府は代替案を21日以内に提出するというのが、これまでの見通しだった。

しかし、グリーヴ議員は、代替案の提出期限を議会開催日で3日以内とする修正案を提出。これが可決されたため、離脱協定否決の際に政府は今月21日までに代替案を提出しなくてはならなくなった。離脱協定否決の場合、2度目の国民投票などの代替案が提示される可能性も出てきた。

首相官邸は、メイ首相の協定は国益を約束するものだと強調した一方、下院で否決された場合、政府は「即時に対応する」としている。

今回造反したジャスティーン・グリーニング議員、サム・ギマー議員、ジョー・ジョンソン議員などは、2度目の国民投票で再度、離脱の是非を問うべきだとしている。

下院では前日の8日にも、合意なしブレグジット(イギリスのEU離脱)の場合に税制への政府権限を制限する超党派の修正案を可決。メイ首相は24時間で2回、与党からの造反に遭い、下院からノーを突きつけられた格好だ。

<関連記事>
英下院議長の判断はブレグジットの行方を変えるか 造反与党議員の提案を許可
ブレグジット協定、否決なら「未知の領域」に メイ英首相が警告
EU離脱協定承認で「窮地を脱せる」 メイ英首相、新年の声明で結束訴え
世界経済に「暗雲」 世銀、今年の経済見通しで警告

グリーヴ議員は、危機回避のため、離脱協定の代替案について政府と議会は「真剣に協議」してもらいたいと話した。

グリーヴ議員はITV番組「Peston」に出演し、離脱協定が否決された場合の対処はメイ首相に委ねられるだろうが、首相がどのような動議を提出しても、議会は7日以内に速やかに投票できるようになると説明した。

また、メイ首相には離脱協定の再考を下院に要求する権利もあるが、下院はそれに「別の方法を見つけるように」と答えることもできると話した。

同じく造反したサラ・ウォラストン議員は、自分を含めて合意なしブレグジットに反対する議員たちは、議会は決して合意なしブレグジットに同意しないと示すため、「ゲリラ活動」に参加しているのだと述べた。

代替案の提出期限をめぐる採決の結果。賛成(For)には労働党をはじめとする野党に加え、17人の保守党議員が造反し加わった。一方、反対(Against)には保守党と、メイ首相と閣外協力する独立統一党(DUP)が回ったが、過半数には届かなかった

あわせて読みたい

「テリーザ・メイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。