記事

中国主席、米朝の歩み寄りに期待 韓国「近く米朝首脳会談」


[上海/ソウル 10日 ロイター] - 新華社によると、中国の習近平国家主席は、今週北京で行われた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談で、米朝の歩み寄りを期待すると発言した。

習主席は「朝鮮半島問題の政治的解決に向けた歴史上まれな機会が生じている」と発言。中国は米朝首脳会談と対話を通じた懸念の解消を支持するとし「中国は米朝が歩み寄ることを期待している」と述べた。

新華社によると、金委員長は2回目の米朝首脳会談で国際社会が歓迎する結果を得られるよう努めると発言した。

米朝首脳会談がいつ実現するかは不明だが、韓国の文在寅大統領は10日、2回目の米朝首脳会談が「近く」実現する見通しだと表明した。間もなく米朝の高官協議が実施される見込みという。

文大統領は、2回目の米朝首脳会談が実現すれば、金委員長による初のソウル訪問も実現するとも発言した。

文大統領は、北朝鮮が米国から制裁解除などの譲歩を引き出すためには、非核化で「大胆な措置」が必要との認識も示した。

新華社によると、金委員長は習主席との会談で、朝鮮半島問題の包括的な解決を推進するため、関係国が北朝鮮の「妥当な懸念」を真剣に捉え、そうした懸念に前向きに対処するよう望むと発言。

金委員長は、北朝鮮が非核化のスタンスを堅持しているとも表明した。

これに対し、習主席は北朝鮮の非核化に向けた努力を評価。中国は対話を通じた懸念の解消を支持すると述べた。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)によると、金委員長と習主席は、核問題の平和的な解決という目標を維持する必要があるとの認識で一致した。

金委員長は「米朝関係と非核化協議の改善に向けたプロセスで生じた困難と懸念」と習主席に伝え、こうした問題に対処する姿勢を示したという。

文大統領は、北朝鮮は大陸間弾道ミサイルや中距離弾道ミサイルの廃棄や、核施設などの解体といった措置をとることが可能だと発言。

在韓米軍の撤退などについては、米国が応じる可能性は低いとし「在韓米軍やグアム・日本などの戦略兵器は、北朝鮮だけに関係するものではない。北東アジア全体の安定と平和のために存在している」と述べた。

あわせて読みたい

「習近平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ不振の原因は電子決済遅れ

    永江一石

  2. 2

    東京五輪は中止リスク抱える計画

    内田樹

  3. 3

    透析中止を提案 ある医師の独白

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  6. 6

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  7. 7

    NHK朝ドラ 診察描写に医師が感心

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

  9. 9

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  10. 10

    韓国がすべきは日米との関係修復

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。