記事

茂木健一郎、英語学習の「ネイティブ発音信仰」に持論「正しい発音があるとかそれ以外はダメとか、ダサい考え方」

英語の発音は多様
英語の発音は多様

脳科学者の茂木健一郎さんが1月10日、オフィシャルブログで「ネイティブの発音といっても、どれですか」という記事を更新した。

英語の発音はネイティブにできるだけ近づけるべきだという主張に、「ネイティヴの発音といっても一つではない」と疑問を呈している。

「英国から見ると、アメリカの英語はなまっているように聞こえる」

茂木さんが反応したのは、ネイティブを真似ることで英語を習得しようと呼びかけるあるツイッターアカウント。この英語学習のアカウントは1月9日、「言語習得はネイティブを真似るのが基本で、非ネイティブがデタラメ英語を作り出す事ではありません」「ネイティヴじゃない人が話すヘタクソな英語、まったく価値はありません」と別のアカウントにリプライを送っていた。

ツイッターでこのアカウントに反論していた茂木さんは1月10日付けのブログで、

「ぼくが一番慣れている英語のオックスブリッジの発音は、英国内ではすべてではなくて、ロンドンの下町訛り(いわゆるコックニー)もネイティヴである」

と指摘。イギリス国内で話されている英語は、地域によってアクセントや発音が異なる。また茂木さんが「英国から見ると、アメリカの英語はなまっているように聞こえる」とも指摘するように、イギリス国内で話されている英語とアメリカ国内で話されている英語の音は、やや異なっている。

「だから、ネイティヴの発音といっても、どれですか、というのが素朴な疑問なのだが、それはさておき、ぼくの長年の経験だと、なまっているとかそういうことは気にせずにコミュニケーションのツールと割り切るのが最適な戦略のように思われる」

ネイティブスピーカーの発音が多様で、唯一の正解があるわけではない以上、発音にとらわれすぎない方がよいということだろう。多少発音が悪くても、英語を使ってコミュニケーションを取れることが重要だ。

「結局は多様性で、正しい発音があるとか、それ以外はダメだというのは、基本ダサい考え方だと思う」と主張していた。

英語が世界中で話されるようになり、シンガポールで使われる独特の英語「シングリッシュ」やインドで話される「ヒングリッシュ」も生まれた。日本人も英語の正しさにこだわらず、どんどん英語を使ってしまえばいいのかもしれない。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。