記事

茂木健一郎、英語学習の「ネイティブ発音信仰」に持論「正しい発音があるとかそれ以外はダメとか、ダサい考え方」

英語の発音は多様
英語の発音は多様

脳科学者の茂木健一郎さんが1月10日、オフィシャルブログで「ネイティブの発音といっても、どれですか」という記事を更新した。

英語の発音はネイティブにできるだけ近づけるべきだという主張に、「ネイティヴの発音といっても一つではない」と疑問を呈している。

「英国から見ると、アメリカの英語はなまっているように聞こえる」

茂木さんが反応したのは、ネイティブを真似ることで英語を習得しようと呼びかけるあるツイッターアカウント。この英語学習のアカウントは1月9日、「言語習得はネイティブを真似るのが基本で、非ネイティブがデタラメ英語を作り出す事ではありません」「ネイティヴじゃない人が話すヘタクソな英語、まったく価値はありません」と別のアカウントにリプライを送っていた。

ツイッターでこのアカウントに反論していた茂木さんは1月10日付けのブログで、

「ぼくが一番慣れている英語のオックスブリッジの発音は、英国内ではすべてではなくて、ロンドンの下町訛り(いわゆるコックニー)もネイティヴである」

と指摘。イギリス国内で話されている英語は、地域によってアクセントや発音が異なる。また茂木さんが「英国から見ると、アメリカの英語はなまっているように聞こえる」とも指摘するように、イギリス国内で話されている英語とアメリカ国内で話されている英語の音は、やや異なっている。

「だから、ネイティヴの発音といっても、どれですか、というのが素朴な疑問なのだが、それはさておき、ぼくの長年の経験だと、なまっているとかそういうことは気にせずにコミュニケーションのツールと割り切るのが最適な戦略のように思われる」

ネイティブスピーカーの発音が多様で、唯一の正解があるわけではない以上、発音にとらわれすぎない方がよいということだろう。多少発音が悪くても、英語を使ってコミュニケーションを取れることが重要だ。

「結局は多様性で、正しい発音があるとか、それ以外はダメだというのは、基本ダサい考え方だと思う」と主張していた。

英語が世界中で話されるようになり、シンガポールで使われる独特の英語「シングリッシュ」やインドで話される「ヒングリッシュ」も生まれた。日本人も英語の正しさにこだわらず、どんどん英語を使ってしまえばいいのかもしれない。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  4. 4

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  5. 5

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  6. 6

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  7. 7

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  8. 8

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  9. 9

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  10. 10

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。