記事

自衛隊を合憲だと考えている方へ 改憲によって自衛官のなり手不足を助長するだろう 改憲は日本の防衛にとっても愚策なのだ

 安倍晋三氏は念頭の挨拶で改憲に対する並々ならぬ意欲を示しています。
 もう掛け声だけにも聞こえてくるのですが、安倍氏には常識的な発想はありませんから、私たちも常に改憲反対の声を上げ続けなければなりません。

 ところで、憲法に「自衛隊」という固有名詞を書き入れることについてはこれまでも多くの問題が指摘されています。
 今ある自衛隊なのか、そうなると自衛隊法によって規定される自衛隊が憲法上の自衛隊となり、下位規範である法律によって上位規範である憲法の内容が決まるということになってしまこと、自衛隊については法律で定めると規定すれば憲法の授権があることにはなりますが、法律で自由に自衛隊の組織等を決めることができてしまい、今ある自衛隊とは全く異なることになります。問題多しで立憲主義の観点からも問題があります。

 さて、「自衛隊」を明記するということは、国軍としての地位の確保とそれを内外に向けての宣言ということになります。これは上記山尾志桜里氏の集団的自衛権の行使を否定する改憲案でも同じです。
 諸外国からは国軍として認識されているとはいえ、そこは憲法9条があるということで諸外国に対してグレーな態度をとってきたこともこれまた事実です。それが改憲により「自衛隊」を明記することによって、世界に向けて「国軍」としての宣言になるわけですから、国際社会に与える意味も違ってきます。

 安倍氏は以前、国会で自衛隊のことを「我が軍」はといって問題視されていましたが、改憲により「我が軍」となるということです。

 これまで憲法9条があるが故に歯止めになっていた自衛隊の活動範囲、装備なども改憲により一変してしまうことになるわけで、現在ではほぼ発動が不可能とされる集団的自衛権の行使(政府見解)もその歯止めがなくなります。米国のために戦闘地域に派兵されることも前提になります。

 さて、「我が軍」に変わってもそれを担うのは国民です。今や建設業界やら運送業界など人手不足と高齢化が顕著であり、今後、ますますこの傾向は強くなります。為政者たちは、自衛隊を国軍に昇格させたくてうずうずしているのですが、国軍に昇格させてしまうとかえって自衛官のなり手不足を助長してしまうことになりはしないでしょうか。
安保関連法に基づく出動命令が嫌なら自衛官を辞めろという暴言

 自衛隊の人手不足が言われて久しく、安保関連法が成立したことによって、今まで通りの気持ちで自衛隊には入隊はできません。専守防衛ではなくなるのです。

 北朝鮮だけでなく、韓国との問題でも危機感を煽り立てているのが現政権です。
 戦前みたいに食う手段、出世の手段としての軍隊は求められていません。

 専守防衛の建前の放棄により、「愛する人たちを守るために」という大義すらもなくなります。自衛隊に入隊するということは、米軍と財界のために死ねるかということもさることながら、これほどまでに好戦的な日本の指導者の下で国軍に入隊したいかということもであります。

昨年の雪祭り会場より
札幌雪祭り自衛隊大通①

 日本では長らく、こうした平和を享受してきたのです。今さら「死ね」ということが受け入れられるはずもありません。9条改憲に反対の声が大きいのは当然なのです。
 それこそ、本当に「愛する人たち」を戦場に送りたいですか、憲法9条改憲によって問われているのはその点なのです。

 日本だけが血を流さなくていいのか!

 という声にも惑わされないでくださいね。そう言っている人たちこそ自ら戦場に行く気などさらさらないのですから。
 今こそ憲法9条の理念をもって世界に恒久平和を訴えていくときなのです。
 改憲によって憲法の理念を放棄してしまってどうするんですか。
 自衛隊を合憲と考えている方には特に考えて頂きたいです。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。