記事

437日間の拘留

今でもはっきり覚えています、
事務所秘書、母、兄、誰一人として接見が許されなかったにも関わらず
「娘さんは特別に・・・」と言ってきたことを。

ちょうど私はカナダへ高校留学に旅立った年であり、遠く離れた私のことを父は相当心配していたそうです。

だからこそ、「娘さんなら、会わせましょう」と言ってきたのでしょう。

かたくなに「やましい事は何ひとつやっていない」と言い続ける鈴木宗男を“おとす”ためには、急所である娘をつかって“里心”をつけさせようと思ったのでしょうか。

「お父さん、寂しいよ。早く帰ってきて」というようなセリフを期待していたのでしょうか。

弁護士の先生に「会いたいですが、父は「父さんは最後まで闘ってくる。待っててくれ」といって向かいました。だから、私たちは父が帰るべき家で待っています、と伝えて下さい」と言いました。
あんなにも喉の奥が熱くなる想いをしたことはありませんでした。

悔しくて、悔しくて、たまりませんでした。

そして、その日からです。

拘置所にいる父にラブレターを書き始めました。

437日間の長い、長い拘置でした。
毎日、毎日、手紙を書き続けました。
直接渡すこともできない手紙でした。

弁護士先生が接見の時に、アクリル板越しに読んで下さったそうです。
だから便箋にすぐわかるよう、たくさんハートを書いたものです。
一瞬で、わかりやすい、思いが伝わるようにと。

帰ってきて欲しいのに、帰ってくるということは、相手(検察)のストーリーを受け入れるということです。

なんという皮肉なんでしょうか。

それにしても437日間、本当に長かったと思います。

ちなみに、、、、
母は父がつらい思いをしているからと家中のエアコンなどコンセントから電源を抜いていました。

「中でお父さんも頑張ってるから」と。
長く、孤独な闘いは、誰にも見えない、見せないところにもありました。

母は強し。

あわせて読みたい

「鈴木宗男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  6. 6

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。