記事

羽生善治が「あえて不利な手」を指す理由

1/2

棋士・羽生善治が27年ぶりに無冠となった。そこで本人が選んだ肩書きは「九段」。7つの永世称号をもっているのに、単なる段位を選ぶのは、なぜなのか。インタビューを重ね、『超越の棋士 羽生善治との対話』(講談社)を書き上げたルポライターの高川武将氏が分析する――。


写真=時事通信フォト

自ら選んだ肩書

27年ぶりに「無冠」になった将棋界の王者・羽生善治が、自ら選んだ肩書は、単なる段位の「九段」だった。

タイトルを持たない棋士が段位を名乗るのは当然のことだが、羽生だからこそ、そこには彼の決然たる意志が如実に表れている。

永世七冠を達成した2017年の竜王戦直後に話を聞いた際、羽生が実感を込めてこう言っていたのを思い出す。

「自分がどこまで第一線でやっていられるかは、1年1年やってみないとわからない。その感覚はかなり強くあります」

プロ棋士として一兵卒になることで、できるところまで第一線で闘い続けるのだという強い覚悟を明確にしたのだ。

33年に及ぶ棋士人生で獲得したタイトルは通算99期を数える。歴代2位は大山康晴(15世名人)の80、3位が中原誠(16世名人)の64。年間平均3つのタイトルを持ち続けてきた羽生の実績は群を抜いている。だが、昨年末、通算100期を懸けて臨んだ竜王戦で、羽生は挑戦者の広瀬章人に3勝4敗で敗退。大記録は達成できず、逆に竜王位を失冠し、保持タイトルがゼロになってしまった。

初タイトルは平成元年

19歳で初タイトルの竜王を獲得したのは1989年、平成元年のことだった。その後、羽生が無冠だったのは、90年11月に竜王防衛に失敗してから翌91年3月に棋王を奪取するまでの4カ月間のみ。以来、七冠全冠制覇をはじめ途轍もない実績を積み重ね、常にタイトル名やその数で呼ばれてきた。平成と共に時代を築いてきた羽生が、48歳にしてついに無冠になり、どんな肩書を選ぶのかに注目が集まっていたのだ。

8大タイトル中、竜王と名人は失冠した翌1年間「前竜王(名人)」を名乗れる規定がある。また、「永世七冠」という空前絶後の大偉業を達成している羽生に敬意を表して、永世称号で呼ぶべきではないか、という声も将棋界にはあった。永世称号は引退後に名乗るものだが、実際にかつて大山、中原が無冠になり永世称号を肩書としたことがある。ただそれは、2人とも引退直前のことであり、羽生が名乗るとすれば相当「現役感」が薄れることを私は少なからず危惧していた。

だが、それは杞憂(きゆう)だった。竜王戦敗退後、日本将棋連盟から意向を問われた羽生は、前竜王でも永世称号でもなく、九段を希望したのだ。それは私が長年追いかけてきた羽生らしい選択でもあった。

世代交代を迫られる中で

昨年9月、私は『超越の棋士 羽生善治との対話』(講談社)という書籍を上梓した。2010年の竜王戦から足掛け8年、9回にわたって行ってきた羽生へのロングインタビューを中心に、稀代の人物の実像に迫ったノンフィクションである。

取材を始めた10年当時の羽生は、14歳下の渡辺(当時竜王)に世代交代を迫られている状況にあった。だが羽生は、死闘を繰り広げながら、勝つことでその渡辺との差を徐々に広げていった。やがて、14年には3度目の名人復位を果たし、43歳にしてタイトルの過半数を占める四冠王となる。加齢による衰えを感じさせない羽生に、私は、これまでの将棋史にあるような世代交代の図式は当てはまらないのではないか、とさえ思った。

ところが、40代後半に入った16年の春から異変が生じていく。棋士人生初の公式戦6連敗を喫し、名人位を当時27歳の佐藤天彦に奪われ、その後も20代の若手棋士にタイトルを奪われることが続いた。それだけでなく、常に7割前後を誇っていた年度の勝率が16年度に初めて6割を切ってから、3年続けて5割台に落ち込んでいる。年齢からすれば5割をキープしているのはすごいことだが、羽生にしては「低迷」が続いているのだ。

「AIの影響を受けた戦術をつかみきれていない」

その要因について、拙著の中で羽生はこう自己分析している。

「現代将棋にきちんと対応できていない。どんどん変わる戦術に巧くマッチできていないところは、間違いなくあります。AI(人工知能)の影響を強く受けた新たな戦術をつかみきれていない。その根本にある発想や考え方を理解することが、簡単にはいかないんです」

また、圧倒的な強さを誇ってきた終盤の競り合いに負けることが増えた要因の一つにも、AIの影響を挙げた。

「以前よりも難易度の高い局面が増えているんです。全体のレベルが上がっていることと、難しい局面が増えて対局者にミスが増え、さらに難しくなっていることもあります」

若手棋士を中心に、AIの影響によって劇的な進化を続ける現代将棋への対応に苦闘しているのだ。

ただ、昨年の竜王戦で、シリーズを通して積極的で溌剌(はつらつ)とした指し回しをしていたのは、31歳の広瀬よりもむしろ羽生のほうだった。特に第5局は、常識外れの斬新な手を連発し、羽生マジックと言われた往年の強さを見せつけ圧勝していた。結局は第3、4局を逆転負けしたのが響き、シリーズは敗れ去ったが、羽生は明らかに何かをつかみかけているのではないだろうか。

あわせて読みたい

「羽生善治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  2. 2

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  3. 3

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  4. 4

    米国も懸念示す韓国の北朝鮮支援

    PRESIDENT Online

  5. 5

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  6. 6

    中韓に抜かれたTV事業 アニメも?

    諌山裕

  7. 7

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

  8. 8

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  9. 9

    宮迫の契約解消に冷ややかな世間

    女性自身

  10. 10

    京アニ火災 容疑者の氏名を公表

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。