記事

講談社社屋の垂れ幕がアピールするコミックの「近年にない大ヒット」作品とは

1/2
講談社にかかる垂れ幕(筆者撮影)

 2019年1月7日発売の月刊『創』(つくる)の特集は「出版社の徹底研究」だ。12月は年末進行で取材・執筆が本当に大変だったが、今の出版界をめぐる興味深い状況がいろいろわかって面白かった。11月に取材したテレビ界もそうだったが、いまメディア界はドラスティックな構造的変化を遂げている。以前の方程式があてはまらないような現象が次々に起きているのだ。

 ここで報告する講談社のケースもその一つかもしれない。詳細はぜひ『創』の特集を読んでいただくとして、ここでその一部を紹介しよう。

講談社の社屋にかかる垂れ幕は

 大手出版社の社屋には、ヒットしている本の垂れ幕がかかっている。マガジンハウスでいえば「君たちはどう生きるか」だが、いま講談社の社屋にかかっている4本の垂れ幕のうち2本は『転生したらスライムだった件』と『はたらく細胞』だ。これが今、講談社で「異例の大ヒット」と言われているのだが、作品名を聞いてもわからない人もいるかもしれない。

 この2つのマンガが連載されているのは同社発行の『月刊少年シリウス』だが、発行部数が1万部に満たないというマンガ雑誌としてはマイナー系だ。その雑誌の連載作品がコミックスで大ヒットになっているのだ。

 「近年なかったような、相当のヒットです」

 そう語るのは講談社販売局第三・第四事業販売部の高島祐一郎部長だ。

 「2つの作品とも2018年にアニメ化されたのが跳ねるきっかけになりました。もともと売れていた作品ですが、近年、アニメ化や映像化が昔ほど部数を押し上げる効果を持たないことも多いのです。でも今回は、7月に『はたらく細胞』が放送されて以降、全5巻で120万部もの重版がかかりました。全巻とも20万部以上の増刷です。アニメ化が決まっていたので6月から出荷を始めていたのですが、放送と同時に大きく跳ねました。

 『転生したらスライムだった件』は10月からアニメが放送されたのですが、全9巻で160万部もの重版がかかりました。そのおかげで『シリウス』はコミックスの売り上げが前年比180%。強烈な売り上げ増です。『シリウス』からこんなビッグタイトルが、しかも同じ年に出たということは大変喜ばしいことでした。

 もともと2作品とも『シリウス』では人気がありましたが、まだそこまで大きく認知されていなかったと思います。それがアニメ化によって、それまで知らなかったお客がついたのでしょうね。『はたらく細胞』は若年層に響いたようです」

あわせて読みたい

「講談社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。