記事

古谷経衡氏が釜山の“徴用工博物館”から学んだこと

1/2
【盧武鉉の墓所(金海市)を訪れた古谷経衡氏。多くの参拝者が訪れていた】

【「内鮮一體(体)」とは日本(内地)による朝鮮同化政策のスローガン】

【南方戦線にも多くの朝鮮人軍属が動員された】

【日本人として命を落とした朝鮮人兵士の遺品】

【右奥が文在寅大統領の生家】

 韓国第二の都市・釜山。東京から航空路で約2時間のこの街は、関釜フェリーや「釜山港へ帰れ」などの歌謡曲でも知られる、日本人にとってなじみが深い隣国の大都市である。しかしこの釜山は、盧武鉉と文在寅という、現代韓国の政治史を語る上では欠かすことの出来ない2人の生と死が同居する都市である。評論家の古谷経衡氏が、釜山の“徴用工博物館”を歩いた。

 * * *

 12月──。異様な暖冬に見舞われた列島とは真逆で、釜山に降り立った私は半島の厳しい冬をもう何度か、かみしめている。

 釜山広域圏は、韓国を代表する重工業・造船地帯であるが、ここから金泳三・盧武鉉・文在寅(現)という3人の大統領を輩出している。とりわけ韓国現代史で重要な盧武鉉は釜山を中心に大学生らと共に民主化運動を主導し、人権弁護士として活躍した。大統領退任後、釜山郊外の烽下(ボンハ)村に蟄居していたところ、一族の贈収賄疑惑で保守系の李明博からの「政治報復」が開始された。

 そして2009年5月、投身自殺へと一直線に転落する。盧が投身自殺をした断崖の真下に現在、盧を追悼する壮麗な墓所が建設されている。実はこの墓所の設営の陣頭指揮を執ったのが、現大統領文在寅である。

 盧武鉉と文在寅は、日本では一般的に両者ともリベラル・左派で、文在寅は盧武鉉時代(参与政府と呼ぶ)の青瓦台の秘書室長、と紹介される。しかし両者の関係はそんな書類上のものではない。

 1982年、韓国が民主化運動の大波にもまれる中、盧と文在寅は釜山市で共同法律事務所を経営し、当時「時局問題」といわれた民主化運動弾圧事件の弁護を引き受ける釜山きっての活動的弁護士であった。つまり盧と文在寅は同じ釜の飯を食った弁護士事務所の戦友である。

 この絆の深さを、私は墓所の中に観た。文在寅自伝『運命』(岩波書店)によると、盧を追悼する敷石の一つに、文在寅の寄贈品があるという。警備員に聞くとそれはすぐに見つかる。

 盧は「金権腐敗」として徹底的に指弾されたが、文在寅によると盧の死後、財産整理をすると資産らしいものは無く、借金の方が多かったという。盧武鉉を政治の世界に送り出し、またその死を見届けたのは、現大統領文在寅その人である。

◆貧しい生家

 釜山の中心部から南西に約60キロの場所に、済州島に次ぐ韓国第二の島、巨済(コジュ)島がある。私はタクシーで橋梁を渡って第二の目的地に向かう。なぜ巨済島か。「生と死」あるいは「死と生」が隣り合わせであるように、烽下村が盧武鉉の「死地」ならば、巨済島は文在寅の「生地」だからである。

 前述『運命』によれば、文在寅の両親は朝鮮戦争勃発直前、現在の北朝鮮興南(フンナム)区域に在住し、戦争中に米軍の輸送船でこの地に避難してきた難民の家系である。

 当然、幼少時代の生活は貧しさを極めた。父親は季節商、母は行商をして一家を支えた。少年時代の文在寅は、この巨済島で理不尽な貧困と格差に耐え抜いた。まさに文在寅の人格形成期の原風景こそが巨済島なのである。通訳の方から「田舎」、とは聞いていたが、やはり想像通りの田舎であった。

 しかし政権が誕生した2017年以来、高支持率を誇る文在寅の生家は自然と観光地となり、誰が立てたかは知らぬが「文在寅誕生の家」という看板まである。現在「生家」は別人所有の私有地になっており、敷地内に入ることは出来ない。

 だが、その外観を覗くことは出来た。「物置」と形容するに等しい半廃墟の青色の10坪に満たないであろう母屋がそれであった。前述『運命』には、宮古島台風で屋根が吹き飛ばされた──、という記述があるので、当時のままの原型では無い。だが、到底現代人が住めるような物件では無い。

 1950年当時、まだ韓国の大部分が貧しかった時、このレベルの文一家の生活水準ですら「極貧とまではいかない」というのだから、韓国の苦難と発展の歴史が分かろうというものだ。この片田舎の、既にツタ植物が繁茂して完全廃墟になりかけている物件こそが、文在寅の「生」である。

あわせて読みたい

「韓国徴用工訴訟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。