記事

中国、遺伝子組み換え農作物5件の輸入承認 1年半ぶり


[北京 8日 ロイター] - 中国の農業農村省は8日、農産物輸入拡大を求める米国からの圧力が増す中、5件の遺伝子組み換え(GM)農作物について輸入を約1年半ぶりに承認したことを明らかにした。

今回輸入を承認したのは、バイエル<BAYGn.DE>がもともと開発し、現在はBASF<BASFn.DE>が保有するRF3キャノーラ、モンサントのグリホサート耐性MON88302キャノーラ、ダウ・デュポン<DWDP.N>のDP4114コーンやDAS─44406─6大豆、シンジェンタ<SYENF.PK>などが開発したSYHT0H2大豆。

中国は世界最大の大豆輸入国で、その他の穀物も主要な輸入国。しかし、米国とのハイレベル協議を受けて2製品を承認した2017年7月以降は、いかなる遺伝子組み換え作物(GMO)製品の輸入も承認していなかった。

中国はGM農作物の栽培を認めていないが、大豆やコーンといったGMOの輸入を飼料向けに認めている。

ダウ・デュポンの農業部門コルテバ・アグリサイエンスは「中国で種子に関する規制当局の承認が進んでいることをうれしく思う」と述べた。

またバイエルは声明で、承認を歓迎するとした上で、「これらの製品の多くは長年にわたって中国の規制プロセスに縛られていたほか、他の製品は承認されていない。これは、中国の規制プロセスにおいて継続的な改善が必要であることを浮き彫りにしている」と指摘した。

上海JCインテリジェンスのチーフアナリストは「中国が新たにGM農作物を承認したことにより、将来的には中国が大量に米国産大豆を輸入することが可能になる。これは前向きなシグナルだ」と述べた。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。