記事

さらなる最低賃金アップで沈む韓国経済、文在寅大統領の支持率は45%に急落へ


韓国・文在寅大統領の支持率が45%へと急落。2019年の韓国経済はさらに悪化していくだろう。なぜなら、今年の最低賃金は11%アップが決まっているからだ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年1月6日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

日本より労働時間が長い韓国。働き方改革で零細企業が経営難に…

支持率「45%以下」で窮地に

韓国の文在寅大統領の支持率が急落している。

昨年末に支持率が45%に落ち込み、そこから回復していない。そして今年は30%台に落ち込むという見方もある。

韓国では支持率50%を切れば危険水域であり、それが45%になればそろそろロウソクの灯りが見えてくる頃だ。

さらなる「最低賃金アップ」が韓国経済にトドメを刺す

まだフランスのような大規模なデモにまで至っていないが、2019年の韓国経済はさらに悪化することは避けられない。

なぜなら、今年の最低賃金は11%アップして、日本円で840円ぐらいになることが決まっているからだ。

さらに労働時間の52時間制限となる、いわゆる「働き方改革」も始まっており、ますます、自営業と製造業は追い詰められている。

実際、韓国の年間労働時間の長さは世界3位である。OECD加盟国の中で最高であり、その労働時間は年間2,052時間である。

日本は1,724時間。それでも欧州のドイツなどは1,298時間なので、日本人もまだまだ働き過ぎている。

韓国がこれだけの労働時間を使っても、日本の足下にも及ばないのは労働の生産性が低いためだ。つまり、労働効率が全体的に悪いのだ。

これは私がどこかで読んだ話なのだが、韓国はとにかく休憩時間が多いそうだ。30分働いたら、10分休憩とかそんな感じらしい。休憩時間の取り方は各企業で自由だと思うので目安があるわけではないが、とにかく効率性をほとんど考えてないように思われる。

働き方改革で「短期労働者」を増やすしかない現実

また、労働時間を制限したところで、韓国の生産性が改善されるとは思えない。

多くの製造業は機械をずっと稼働させているわけだから、1人あたりの労働時間が制限され、12時間交代が8時間交替になれば、必要な人員がまったく異なってくる。今まで2人ローテで回せていたのに、これが3人になるのだ。つまり、この時点で1.5倍の人員が必要となる

でも、今の経済状態で新規雇用を増やすのは難しい。結局、短期労働者を増やすしかないということになる。

このように2019年の雇用も改善の見通しどころか、急減する未来しか見えない。

これは文在寅大統領ひとりの責任かと問えば、そうではないのだ。今の韓国経済は財閥に搾取されるか、自営業として奴隷のように働くか、それともコンビニやチキン屋を始めるかの3通りしかないのだ。

最低賃金は一度上げたら下げられない…

「最低賃金の引き上げ」が最悪な結果をもたらしたことは確かに事実であるが、私はその政策そのものをタブーにする風潮には賛同できない。

なぜなら、すべての韓国人が職を失ったわけではない。所得が大幅に増えた韓国人だって中にはいるわけだ。

さらに突っ込めば、所得が増えた韓国人が「今月から最低賃金が100円下がったので、給料も下げます」と言われたら、やる気をなくすだろう。

つまり、最低賃金引き下げなんてことはそう簡単にできないわけだ。上げてしまったものを下げることができない。それが最低賃金だ。

問題は、最低賃金すら払えない零細企業が多すぎること

しかし、あくまでも最低の賃金なのだ。問題はそれすら払えない韓国の自営業や製造業にあるということに韓国人は気付かない。

だから、無駄にコンビニやチキン屋を増やして少ないパイの上で競争する。あるソウルの一角には半径500m以内に24店舗のチキン店があるそうだ。韓国のチキン屋は鳥インフルエンザが流行したり、景気が悪くなったりすると増える傾向にあるのだが、その数は韓国全土で2万5,000店舗。個人の経営するチキン屋も含めたら4万件を超えるそうだ。

どこに原因があるか明らかなのだ。まず、韓国がやることは多すぎるコンビニやチキン屋の整理からである。少ないパイを奪い合い、利潤が少ないから最低賃金も払えない。自営業はバイトをクビにして1人や数人の家族で回そうとするわけだが、当然、今度は「過労死」が待っている。

結局、儲かるのは「財閥」

このような悪循環なわけだが、自営業が廃業となって余った土地や店は財閥グループが美味しく格安で頂くので、財閥はさらに儲かっているという。

だから、財閥は雇用を増やせるわけだ。つまり、巡り巡って最低賃金引き上げは財閥優遇政策という逆結果となった。

だから、韓国人はいつまでも奴隷から抜け出せない。まさに人生そのものが「チキンゲーム」ということだ。

image by:Wikimedia Commons(The White House)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  5. 5

    ガンの民間療法に走る著名人たち

    文春オンライン

  6. 6

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  7. 7

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。