記事

杉田水脈議員は新宿2丁目を訪れ交流も…小川榮太郎氏、松浦大悟氏、稲田朋美氏と考える”LGBT法案”

1/2

 昨年夏、『新潮45』に掲載された杉田水脈衆議院議員の論文『「LGBT」支援の度が過ぎる』が波紋を呼ぶ中、「私は、LGBTの方々が自分らしく、人として尊重され、活躍できる社会を実現するため、特命委員会を立ち上げた。今、この委員会ではLGBTの理解増進のための議員立法の作業中だ。私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」とTweetした、稲田朋美衆議院議員。

 杉田論文の騒動から約半年。5日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』では、稲田議員の他、『新潮45』の特集企画にも寄稿した小川榮太郎氏と松浦大悟氏を招き、改めて自民党のLGBT政策とその問題点について議論した。

■「新宿2丁目を訪れた」杉田水脈議員の現在

 タレントのフィフィが週刊誌上での対談を杉田氏に申し込むも断られたことを明かすと、小川氏は「本人は出て喋りたいけれど、自民党執行部に止められている。"生産性"という言葉一つで、あらゆる電波を使って杉田議員の家族も含めた人格否定をやるのは社会の病気だ。私はこの番組を含め(AbemaTVに)3度出たが、他のメディアは私を隠したまま批判した。杉田さんが出てきて言いたいことを言った時には、議論ではなく致命傷になるところまで騒がれるだろう。その悪循環が起こっている。もう少しきちんとした議論ができる冷静な空間があれば、自民党も怖がらない」との見方を示した。

 LGBTの当事者でもある元参議院議員の松浦大悟氏は「実はこの間、小川先生と一緒に新宿2丁目のゲイバーに行って、大変意気投合した。コミュニケーションが大事だと思う。左派の皆さんは杉田議員のバッシングばかりするが、実は杉田議員も新宿2丁目を訪れ、ゲイの皆さんとの交流の場を持ち、理解しようと努めている。自民党のLGBTの特命委員会にも出席され勉強をしている。人は誰でも間違える。その後の報道が大事だと思う」と話す。

 稲田議員も、杉田議員が党の委員会で勉強しているとした上で、「執行部が止めているということはないと思う。ただ、騒ぎにしたくないというような気持ちは党にあると思う」とコメントした。

■自民党、稲田氏のスタンスとは

 自民党は2016年、2017年の選挙公約に「性的多様性を受け入れる社会の実現」を掲げ、2016年には稲田議員ら党の特命委員会が「LGBT理解増進法案」を検討。しかし、党内の反対意見は根強く、国会提出には至らなかったという。

 一方、"伝統的な家族制度、結婚制度が崩壊する恐れがある"として、党としては一部の野党が主張する同性婚の法制化については否定的な立場を取っている。安倍総理も2015年4月、憲法24条を念頭に「憲法との関係において結婚は両性の合意となっている。慎重に議論をしていくべき課題だ」と答弁。稲田議員も同性婚については"時期尚早"との立場だ。


 稲田議員は「特命委員会を作ったのは3年前のことで、今ほどは注目されていなかった時期だ。防衛大臣時代もずっと取り組んできたが、なぜLGBTの理解を増進するという法案が出せなかったのかというと、"自民党がLGBT問題に取り組むこと自体が保守とは相容れない"とか、"病気や嗜好の問題を法律にする必要は全くない"といった反対の声が大きかった。私は人権の問題、生きていく上での"核"の問題として捉えているので、まずは党内の理解を増進していく必要があると思った。ただ、自民党は杉田さんがおっしゃった"LGBTを優遇するために税金を使うのはおかしい"というような主張はしていない」と説明する。

 そんな稲田議員が主導する新「LGBT法案」は、「性の多様化への理解増進」「基本計画や施策を策定し実施する」といった内容を方針としている。


 稲田氏は「法案が出せなかった時に、省庁や教育現場でこういうことをやってくださいという33項目の要望を自民党から出して、それで随分改善した。しかし、省庁の取り組みや学校の教育の中でしっかりと教えていくことを法律でやらないと、LGBTの子どもたちがいじめられたり、それを苦にして自殺をしたりということが起こる。この問題は人権やアイデンティティの問題だということが理解されない限り、一足飛びに法律を作ったとしても実効性がないというのが自民党の考え方だ」と話す。

 「自民党が目指しているのは、カミングアウトをしなくていい、カミングアウトしても"あ、そう。だから何?"と言える社会。権利を拡大するとか、差別を禁止するとか、予算をつけるとかではなくて、LGBTの問題が趣味とか病気とかいつでも変えられるものではない、本当に生きていく芯だということを理解してもらおうということだ。この問題を考えることは、親子関係を考えることにもつながる。私は血のつながりが全てではないと思う。血がつながっていても虐待する親もいる。親子関係はもっと社会的なもので、血のつながりがなくても子どもだ、家族だと思って大事に育てれば成り立つ。そういう色々な問題を考えるきっかけにもなる。法案は通常国会での提出を目指している。このように議論をすることが非常に重要だ。私もレインボーパレードに参加したが、みんながとても幸せそうだった。安倍総理も理解されていると思う」。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  2. 2

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  3. 3

    NGT事件 女性の主張を茶化す日本

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

  5. 5

    NGT事件 秋元康氏の責任追及せよ

    渡邉裕二

  6. 6

    韓国軍の謝罪を許可しない文政権

    AbemaTIMES

  7. 7

    日本軽視の韓国を大国が見放す日

    MAG2 NEWS

  8. 8

    たけしの労働持論に若者が反論

    キャリコネニュース

  9. 9

    志らく 純烈・友井の引退に疑問

    キャリコネニュース

  10. 10

    賃金上昇は嘘 不正統計で明白に

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。