記事

若者の商社離れも起因 三菱商事の若手登用改革は成功するか

1/2
【就職人気の商社もミレニアル世代を繋ぎとめるのに必死】

 大手総合商社の三菱商事が2019年4月から導入する予定の新人事制度が注目されている。積極的な若手登用を柱にした内容だというが、その背景には意外にも“若者の商社離れ”があるという。一体どういうことなのか。ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。

 1年近く前の2018年2月、丸紅の國分文也社長は、あるイベントでこう危機感を吐露していたという。

「最近、30歳ぐらいの若手社員の離職率が商社全体で非常に上がっている」

 総合商社といえば、いまも昔も就職人気ランクで上位を占める狭き門。高給で知られる代表業種であり、大手商社の業績はどこも好調だ。もちろん、離職率が上がっているといってもそれは過去との比較で、離職率が高いとは言えないだろうが、経営層の危機感は相当あるようだ。

 ちなみに國分社長は以前、こうも語っていた。

「あと数年もすれば、ミレニアル世代(20代前半から30代後半ぐらい)が社会のマジョリティを占めるようになる。あらゆるものがデジタルネイティブで、所有欲も高くないこうした層が社会のど真ん中に来たら、いろいろなものがずいぶん変わっていく。若手商社マンも、先輩たちと同じ仕事をルーティンでしていたら突然、崖が現れるかもしれない」

 AIやIoT、モビリティーにシェアリングエコノミー、フィンテック、さらにGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に代表されるメガプラットフォーマーの隆盛で、事業環境は大きく変わりつつある。商社はBtoCよりBtoBのビジネスウエートが高い業種だが、Bの世界であろうがCの世界であろうが、旧態依然のビジネス手法のままだと、新たな潮流にたちまち洗い流されてしまうというわけだ。

 この点は、商社業界首位に君臨する三菱商事とて同じこと。2018年11月の中間決算説明会で同社の垣内威彦社長も、

「当社の自動車、電力、通信、決済、eコマース、リテール、ヘルスケアといった各事業分野の、何もかもがデジタル革命の流れに絡んでいて、現在はある種の産業革命の真っただ中にある」との認識を示した。

 そこでCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)を置き、営業グループごとにデジタル戦略担当を配置。デジタル戦略委員会も設置して社長が直轄、中枢を担う経営企画部には事業構想室も設置し、これも各営業グループに事業構想担当を置くという。

 こうした商社の危機感は、かつてのITバブル(1999年~2000年頃)でも起き、当時も商社中抜き論に身構えていたのだが、その後、世界の資源市況が高騰したことで資源権益が莫大な利益を生み、焦りは後退していった。

 が、今回は業績好調といえども、サバイバルを賭けたパラダイムシフトと考えているのだろう。併せて、冒頭で記したように若手人材の少なからぬ流出にも危機感がにじむ。

 高給の商社マンが天びんにかける業種といえば、鉄板なのがマッキンゼーやボストンコンサルティングといった外資系コンサル会社か、ゴールドマンサックスなどの外資系投資銀行だ。それぞれ一長一短あり、外資系だとリストラや首切りが日常茶飯事なので、自由な半面、生き残り競争は激烈だ。

 一方の大手商社は、縦割りで年功が幅を利かせ、若いうちは下積みが長いものの、社内政治に疎くなければかなり安泰と見られてきた。

 自分の腕に自信がある人は外資系へ行き、そこまでは思い切れない人はそのまま商社に残り、そのどちらにも該当しない人で会社や仕事に不満のある人は、ベンチャー系やスタートアップ系の会社に役員や幹部として転職するという、ざっくり3分類ではないか。

あわせて読みたい

「三菱商事」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  4. 4

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  5. 5

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。