記事

日本の幸福度はなぜ低い? 世界51位から54位へ下降

1/3
【諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師】

 ときどき話題になる国連の世界幸福度報告だが、日本はあまり順位が高くないことを取り上げられることが多い。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、2018年、幸福度ランキングで51位から54位に日本が落ちたのはなぜなのかについて考えた。

 * * *
「自分にとって幸福とは何だろうか?」

 新しい年の年頭に立って、ふとそんなことを考えた。

 自分の夢をかなえたり、欲を満たすのも幸福の一部かもしれないが、少し違うようにも感じる。幸福は、個人的なものであると同時に、周囲の人やコミュニティーと共有する公共的な側面もあるからだ。

 毎年、国連の世界幸福度報告が発表されている。一人当たりのGDPや社会的支援、健康寿命、社会の自由度、他者への寛容さ、汚職や腐敗のなさを数値化したものだ。

 2018年のランキングでは、1位はフィンランドだった。2位以降はノルウェー、デンマーク、アイスランド……と北欧諸国が続いている。日本は前年の51位からさらに落ちて54位になった。

 日本は、GDPや健康寿命は決して低くない。社会的支援や社会の自由度もまあまあなのに、どうして、幸福度が上がらないのだろうか。かつて日本がGDP世界第2位だったときがある。そのころも、日本人の幸福感は低かった。がんばっても、がんばっても、幸福になれないなんて、何かがおかしいと思った。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。