記事

景子さんvs美恵子さん 花田家を捨てた妻たちの集客力は?

花田美恵子さんは再婚を発表(共同通信社)

離婚した景子さん(共同通信社)

 昨年、ワイドショーの話題をさらったのは大相撲の元貴乃花親方だったが、今年の主役は“花田家の妻たち”になりそうだ。

 11月に花田(河野)景子さん(54)が元貴乃花親方との離婚を発表。その直後に、“義兄”だった花田虎上氏の元妻の花田美恵子さん(49)が再婚を発表した。2人の転機に沸き立ったのはテレビ業界だ。

「景子さんは講演活動に加えて、身軽な独身になった今後はテレビに活動の軸を移すと囁かれています。既に個別の番組との出演交渉も始まっているようです。一方の美恵子さんも4人の子持ちながら13歳年下男性と再婚という新たな話題性が加わった。テレビにとって“花田家”のブランドは今も健在で、俄然注目が集まります」(テレビ局関係者)

 かたや離婚、かたや再婚ながら同時期に話題を集めた元妻たちだが、今後についてキー局の番組プロデューサーはこう話す。

「景子さんは元女子アナで、相撲部屋の元女将で、離婚も経験し、長男でタレント活動をしている優一さん、そして元貴乃花親方の動向も含めてネタに事欠きません。今のワイドショーやバラエティ番組は話題豊富な女性のニーズが高いために、今後もオファーは途絶えないはずです。一方の美恵子さんは、新婚なので今後のテレビ出演に積極的というわけでもないようです。テレビ的には、幸せを掴んだ女性よりも、そうでない女性の方が需要がありますね」

 ワイドショーでは、しばらく景子さんが“綱を張る”ことになりそうだ。

※週刊ポスト2019年1月11日号

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  3. 3

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  4. 4

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    山本太郎氏は都知事選に出るべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  7. 7

    権力叩く朝日が生むマスコミ不信

    fujipon

  8. 8

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

  9. 9

    原発なくとも東電の電力は余裕

    かさこ

  10. 10

    日本の姿勢では改善せぬ日韓関係

    柚木道義

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。