記事

年賀状の「幸せ家族写真」に未婚女性が精神的ダメージ 「マウンティングしたいだけ」という声も

1/2

素直に喜べない複雑な心境。
素直に喜べない複雑な心境。

最近は若い人を中心に送る人が減っているとはいえ、年賀状をもらうのは嬉しい、という人も多いだろう。ただ、年賀状でも、人によってはメンタルをごっそりえぐる凶器になるようだ。

1月4日にガールズちゃんねるに立てられた「年賀状でメンタル攻撃を受けた人が集まるトピ」というトピックでは、年賀状に精神的ダメージを負わされた人達の悲痛な叫びが寄せられている。(文:石川祐介)

「結婚して初めてのお正月を迎えました」の破壊力の高さ

ブラック企業に勤務していたため婚期を逃してしまったアラフォー未婚者のトピ主は「毎年幸せそうな家族写真とともに一言『仕事頑張ってね』と書いてくる友人の年賀状に精神をやられます」と綴った。相手に悪気はなく、自分が歪曲した認識をしていることは自覚しつつも、自身の現状と比較してしまうと煮え切らない物があるようだ。

「結婚ラッシュ、ベビーラッシュ。取り残されてる感ハンパない」
「結婚して初めてのお正月を迎えました←これの破壊力すごい」

コメント欄には、トピ主と同じようにダメージを受けた人からの共感を示す声が多く寄せられた。また、「見た瞬間、破り捨ててしまった」と我を忘れて激情してしまった人や、「いきなり結婚報告が年賀状というのも辛い」と独身仲間だと思っていた友達からの不意の一発を食らってしまった人など、年賀状の攻撃パターンの多さが伺える。

さらに、「年賀状でもダメージうけたし、実家帰った時に親戚からも結婚せんのかってめちゃくちゃ言われてフルボッコやった」と年末年始は散々だったという人もいた。

あわせて読みたい

「年賀状」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。