記事

年金が少ない人ほど"給付"も乏しいワケ

2019年10月から消費税が10%にアップする予定で、低所得者への影響は深刻だ。そこで、低年金者給付(年金生活者支援給付金)の実施を2カ月前倒しする案が検討されている。

消費増税と同じ19年10月から導入予定だったが、「年金給付は10~11月分が12月に入金されるので増税に間に合わず、前倒し案が浮上した」(みずほ総合研究所の堀江奈保子上席主任研究員)という。

消費増税が年金生活者を圧迫することに(写真と本文は関係ありません)。(時事通信フォト=写真)

給付の対象となるのは、(1)65歳以上で老齢基礎年金を受給している、(2)前年の年金額+その他の所得の合計額が老齢基礎年金の満額(約78万円)以下、(3)同じ世帯に住む全員の住民税が非課税――の3つを満たす人だ。

(2)を満たさない人も、前年の所得合計が約88万円以内なら補助的な給付が受けられる。現役時代に厚生年金に加入し、老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金を受給している人も、(2)を満たせば対象となる。

最大で原則月5000円だが、保険料未納期間があるとその分だけ減額され、「満額をもらえる人は限定的で、年金が少ない(保険料未納期間がある)人ほど給付が乏しい」(同)。

給付に要する約1000億円は年金財政で賄うため、保険料未納者が冷遇されているようだ。「現役世代の低所得者への対策も求められるし、年金制度とは切り離して公平に支援するのが本筋」(同)だろう。

(金融ジャーナリスト 大西 洋平 写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。