記事

自民党「北方領土解散」で7月衆参ダブル選挙のシナリオも検討

【一か八かの賭けに出るか(EPA=時事)】

 御代がわりの2019年のニッポン政治に何が起きるのか。安倍首相が1月召集の通常国会に9条改正の憲法改正案を提出すれば、自公連立の枠組みが大きく揺れ始める。公明党の連立離脱、そして国民民主との「改憲連合」の可能性もある。

 通常国会での憲法改正発議が難航し、時間切れで参院選突入となる場合でも、安倍首相には奥の手がある。ロシアとの北方領土返還交渉だ。

「2島返還の実現に道筋をつければ、安倍総理は7月の衆参ダブル選挙で信を問う可能性が高い」

 そう指摘するのは元BS11報道局長で政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏だ。

「最近の世論調査では『2島先行返還』への賛成は5割を超えている。"国境を動かした”という外交成果を挙げれば、それを“参院選の追い風にするだけではもったいない”と衆院を解散するでしょう。改憲議論には時間がかかり、通常国会での発議は現実的には難しい。ダブル選挙で衆参の3分の2を維持できれば、その後の国会で改憲に取り組むことができるし、総裁4選も見えてくる。自民党の一部では、“北方領土解散”はシナリオの一つとして検討されています」

 国会を大阪G20サミット(6月28~29日)の後まで延長すれば衆参同日選は可能だが、自民党内には「ダブル選挙を打てば無党派層の投票率が上昇して、自民批判票が増える」(前出・選対本部関係者)という慎重論もある。

 首相にとっては“一か八か”の賭けになる。

※週刊ポスト2019年1月11日号

あわせて読みたい

「北方領土」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ジャニーズ 戦略誤り厳しい局面

    大関暁夫

  3. 3

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  4. 4

    異例の都ファ欠席 深夜0時議会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    日本企業の英国撤退 次は韓国か

    早川忠孝

  7. 7

    肉食べるな 配慮押し付ける社会

    文春オンライン

  8. 8

    橋下氏「高野連の言い訳許すな」

    橋下徹

  9. 9

    私が傷つかない=正義の危うさ

    紫原 明子

  10. 10

    不摂生後悔…堀ちえみガンと闘う

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。