記事

隠れブラック企業 「承認欲求」を搾取するソフトな圧力とは


 今年からいよいよ「働き方改革関連法」が施行され、各企業で長時間労働の是正(残業の上限設定)など対策が求められる。だが、パワハラに近い露骨な残業の強要は減っても、「ソフトな心理的プレッシャーはなくならない」とその実効性を危惧するのは、組織論に詳しい同志社大学政策学部教授の太田肇氏だ。

 * * *

 以前、こんな話を耳にした。ある若手社員が自分の健康増進のため朝6時に出勤し、会社周辺の掃除をすることにした。続けているうちに会社幹部の目にとまり、たいそう褒められたうえ、模範的な社員として社内表彰も受けた。

 彼にとって、自分のために始めたのに表彰までされると、やめるわけにはいかず、だんだんと続けることが負担になってきた。さらに、ほかの社員からは、彼を見習うように会社から圧力がかかっていると嫌みをいわれ、やがて彼は強いストレスを訴えるようになったそうだ。

 かりに日本社会特有の同調圧力を逆手に取っているとしたら、会社側の責任も小さくない。

「ブラック企業」といえば、かつては恫喝やパワハラまがいのスパルタ式管理を行ったり、残業を強要したりするような荒っぽい手法が目だった。だが、毎年「ブラック企業大賞」まで発表されるようになった今は、社員の告発が相次ぎ、ネットでの悪評にもさらされるようになり、そうしたあからさまな行為は減ってきた。

 その一方で、よりソフトな形で過重労働へプレッシャーをかける“隠れブラック企業”がたくさん存在している。しかも冒頭の例のように、表向きは社員の自発的ながんばりという形をとるだけに告発が難しく、いっそう始末が悪い。

◆日本人に多い「認められるための残業」

 そこでつけ込まれる形になっているのが、人間の承認欲求である。承認欲求とは、他人から認められたい、そして自分を価値ある存在だと認めたいという欲求である。いわゆる名誉欲や自己顕示欲も承認欲求に含まれ、それが満たされないときは意地や嫉妬など屈折した形で表れることもある。

 特に日本人の場合、承認欲求は積極的に認められたいというより、「認められなければならない」「期待に応えなければならない」といった受け身の形であらわれやすい。そこからくるプレッシャーが、しばしば鬱などを引き起こしたり、さまざまな社会問題をもたらしたりしている。

 長時間の残業やがんばり過ぎもその一つであり、ときには過労死や過労自殺につながる場合もある。それは拙著『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書)にも詳しく書いた。

 労働政策研究・研修機構が2010年に実施した「年次有給休暇の取得に関する調査」では、有給休暇を残す理由(複数回答)を聞いているが、「職場の周囲の人が取らないので年休が取りにくいから」(42.2%)、「上司がいい顔をしないから」(33.3%)といった回答が上位に入っている。

 また同機構が2005年に行った調査では所定労働時間を超えて働く理由について聞いており、「上司や仲間が残業しているので、先に帰りづらいから」と答えた人が10.3%いる。

 一般にこのような調査では心理的負担より仕事量の多さや顧客対応などの理由が多めに表れる傾向があり、インタビューの結果などから推察すると、同様の心理的負担を感じている人はもっと多いのではなかろうか。

◆承認欲求を「搾取」する企業

 認められるために残業していることを示唆する別の調査結果もある。内閣府が2013年に行った調査によると、労働時間が長い人ほど、上司は残業している人に対してポジティブなイメージをもっていると考えている。そして労働政策研究・研修機構の調査では、労働時間が長い職場ほど残業する人を高く評価する傾向が表れている。

 いずれにしても、上司や同僚に認めてもらわなければならないという気持ちが背後にあって、それが過剰な残業や休暇の取りにくさにつながっていることは間違いなさそうだ。

 それがアルバイトになると、問題はいっそう深刻である。飲食店やコンビニなどでは、アルバイトの学生が責任ある仕事を任されているケースが多い。彼らはそれを意気に感じ、期待を裏切らないようにとがんばる。なかには学業が犠牲になったり、体調を崩したりするケースもある。たかだか1000円程度の時給で、正社員並みの大きな責任を背負っているのだ。

 仕事のやりがいと引き替えに低賃金で働かせることが近年問題になり、教育社会学者の本田由紀氏はそれを「やりがいの搾取」と名づけた。その言葉をもじるなら、認められたい、期待に応えたいという気持ちに便乗しておよそ賃金に見合わない働き方をさせるのは“承認欲求の搾取”と呼ぶべきだろう。

◆「働き方改革」の足かせにも

 東南アジアに進出した日本企業のマネジャーが、次のような話をしていた。

 現地の社員が仕事をがんばったので褒めたら、相手が賃上げを要求してきたそうだ。「自分の努力や貢献を認めたのだから賃金を上げてくれて当然だ」という理屈である。日本人の感覚からすると厚かましいようだが、見方によれば筋が通っているともいえる。承認欲求の搾取から身を守るには、これくらいのドライさが必要なのかもしれない。

 長時間労働や働き過ぎ(働かせすぎ)といえば、業務量の多さや顧客対応の必要性、それに残業の強要といったハードな部分ばかりに目が向けられるが、実は人間関係や心理的プレッシャーなどソフトな部分が背後でそれに拍車をかけている場合が多い。そこにメスを入れなければ、「働き方改革」もブラック企業の撲滅も中途半端に終わるだろう。

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  10. 10

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。