記事

立憲民主党枝野幸男代表たちの「お伊勢参り」と真正保守? これで保守層にウイングを伸ばせると思ったら大間違い

 立憲民主党の枝野幸男代表が福山哲郎幹事長たちと伊勢神宮参拝だそうです。
 これでは党の公式見解と同じです。

 伊勢神宮という宗教施設に公式参拝であるかのような様相は、保守層を掘り起こそうとする動機があるのかどうかはわかりませんが、あまりに浅はかです。

 さすがに靖国参拝は抵抗感があるのでしょうが、伊勢神宮とはいえ、戦前には国家神道の地位を与えられた施設であり、政教分離という憲法上の大原則からすれば立憲民主党を挙げての参拝などもってのほかです。

 伊勢神宮参拝とお伊勢参りは意味が違います。
安倍総理が伊勢神宮参拝 世俗の仮面をかなぐり捨てた神社勢力との危険な結合へ

2016年正月(北海道神宮)

 何よりもこれで保守層にアピールできると思ったら大間違いです。
 これでなびくような保守層は、極右の安倍支持層に取り込まれています。

 しかも伊勢神宮参拝では全くもって不十分。
 むしろリベラルの看板を下ろしてしまったのかととられかねない行為です。
保守票狙い? 立民ご一行の伊勢神宮参拝が“大炎上”…左派の支持者からは「自民と同じことをするなら支持しない」」(zakzak2019年1月5日)

 本来、こうした賛否があるものについては敢えて実施しないというのが多数をまとめる立場のとるべき選択です。

 野党共闘(共産党や社民党との選挙協力)を行ったからといって立憲民主党が左翼政党などということにはなりません。立憲民主党が共産党に政策を合わせているわけでもなく、安倍自民党に立憲主義を守るとい意味での大きな大義の下での協力ですから、当たり前にすぎる協力体制です。小選挙区制のもとではなおさらです。

 「左翼」だというレッテル貼りは、自民党の妄信的な支持層から言われているにすぎませんし、そもそもが安倍自民党が極端なまでに右翼路線を突っ走ってしまっていますから、それにくらべたら、維新の会以外は、みな「左」ということになってしまう、ただそれだけのことです。

 その意味では、立憲民主党と共産党、社民党とは違うということは明らかなのですから、こうしたお粗末な行動は慎むべきです。

 今、安倍政権は憲法を蹂躙し、立憲主義を蔑ろにするだけでなく、格差社会を助長するようなことばかりをやっているが故に国民は、これに変わりうる中核としての政党を求めているわけです。
 「護送船団方式」(とも思わないのですが)でやってきたそれまでの自民党が左翼政党でしたか?

 自民党支持層など大半は、消極支持でしかありません。そのような消極支持層が伊勢神宮参拝など求めているはずもなく、枝野氏らがやったことは愚策でしかなく、猛省すべきです。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  5. 5

    ガンの民間療法に走る著名人たち

    文春オンライン

  6. 6

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  7. 7

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。