記事

【アマゾン】、ロボット物流のキバを買収!買収を見送ったウォルマートは5年後悔やむ?



■アマゾン・コムは19日、ロボット物流システムのメーカーのキバ・システムズを7.75億万ドルで買収すると発表した。キバは2003年にボストンで設立されたベンチャー企業。同社が開発したロボット物流システムは、スタッフが在庫を取りに行くのでなくロボットが在庫を持ってくるというもの。物流センター内をお掃除ロボット「ルンバ」を大きくしたようなロボットが走行するのだ。このオレンジ色のロボットが下から在庫棚を持ち上げ、床にあるバーコードを読みながら、ピッカーと呼ばれるスタッフのところに運ぶ。在庫棚を元に戻すのではなく、呼び出し頻度が高い順にピッカーに近い距離に戻し、生産性を上げる仕組みだ。
 このロボット物流システムを導入したザッポ・コムでは、注文から発送までこれまでの48分間から12分間に大幅に時間を短縮し、効率をあげている。また、従来型のコンベイヤーを物流センターに設置するには12~18ヶ月と時間がかかるのに対して、このシステムの導入は数週間で完了するという。物流センター内全体に照明や冷暖房をつける必要がなく、光熱費も節約できる。
 アマゾン・コムはロボット物流システムを導入することで、人件費や光熱費を圧縮しながら、配達の正確さ迅速化を目指す。

トップ動画:ロボット物流システムでのピッカー説明。レーザーで棚にある商品を教えるため、間違いが少なくなる。ベストセラー書籍「日本でいちばん大切にしたい会社」の日本理化学工業のように、知的障碍者でも働ける仕事だ。

09年2月8日 - 【IT物流】、ロボットが在庫を運ぶ?「100年に一度」!物流のIT革命やぁ~

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。私がキバ・システムズを紹介したのが3年前。物流センターのIT革命として当ブログで取り上げました。これを取り上げたとき、日本では「日本でいちばん大切にしたい会社」がベストセラーになっていました。この本で紹介されている日本理化学工業株式会社(障害者雇用率が社員の7割)のように、ロボット物流システムだと「知的障碍者でも働ける環境になるのでは」と思い、注目していました。物流スタッフのピッカーに、知的障碍者を採用できやすいのです。知的障碍者は文字や数字を読めなかったりします。チョークを作っている日本理化学工業では、色で判断できるようにしています。レーザーによる光でピックする商品を教えるので、働けるのではと思います(商品の数量が課題ですが)。企業が社会に貢献するという意味でも、こういった職場環境により障害者の雇用が増えればいいなぁと思います。

⇒ところで、画期的なロボット物流を開発したキバ・システムズは買収案をウォルマートにも持ちかけていたそうです。ロイター通信によると、ウォルマートは「投資効率に見合わない」と買収案を見送ったそうです。で、結局、アマゾン・コムが買収したということです。今のウォルマートの物流はいかに適切な量の商品を迅速に且つ効率的にお店に届けるかということです。つまり対お店です。キバ・システムズのロボット物流は、対お客です。ウォルマートの物流にロボット物流を今、導入したところで、オンライン売上高が売上全体の2%も満たしていませんから、もてあましてしまうのでしょう。ただ、一方でウォルマートはEコマースへの投資は活発化させていて、コズミックスやモバイルアプリ開発のスモールソサエティの買収など、昨年の5月から3億ドルも投資していると報じられています。

⇒ウォルマート・コムではオムニチャネル戦略を意味する「いつでもどこでも(Anytime,Anywhere)」を開始しようとしています。また、銀行口座もなくクレジットカードさえ持てない低所得者層の顧客ために「支払いはキャッシュ(Pay With Cash)」プログラムを導入します。商品をオンライン予約してもらい、お店で現金を支払うというオンラインプログラムです。そして、お店にいながらオンラインストアで購入する「ショールーミング」を、ウォルマート内では「スキャンして立ち去る(scan and scram)」と呼んでいるのですが、こういったことを少しでも防ぐために「エンドレス通路(Endless Aisle)」戦略を導入しようとしています。エンドレス通路戦略とは、衣料品などで自分にあうサイズや気に入った色が店の在庫になくても、スマートフォンから注文できるというものです。これらが本格化すれば、現在のウォルマートの物流では合わなくなってきそうです。
 5年後、「やっぱ、買収しとけばよかったかなぉ~」なんて、自宅で走り回るルンバを見ながらCEOのマイク・デューク氏がつぶやいたりして...

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。