記事

年始絶好調のテレ朝 日テレ三冠奪還に向け堅実路線シフトか


日本テレビが2018年の年間視聴率(18年1月1日~12月30日、ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、全日帯(午前6時~翌午前0時)・プライム帯(午後7時から午後11時)・ゴールデン帯(午後7時から午後10時)全3部門で首位を獲得。5年連続の“三冠王”を獲得したことが1月2日、明らかになった。

しかし着々と初の三冠獲得を狙うのが、今年開局60周年を迎えるテレビ朝日。今年の元日の視聴率では2011年以来、8年ぶりの三冠王に輝いたのだ。

「テレ朝は午後9時まで放送した『芸能人格付けチェック!』のスペシャル版が19.7%、続く午後9時から放送した『相棒』の元日スペシャル」が15.5%を記録するなど、他局を圧倒。局内でも制作部署の士気が盛り上がっているようです」(テレビ局関係者)

3日に放送された沢口靖子(53)主演のテレビ朝日系ドラマ「科捜研の女」正月スペシャルでは、新シーズンが4月から来年3月まで1年間にわたって放送されると発表された。

「視聴率の計算が立たない新ドラマを放送するより、固定ファンのいる既存ドラマのほうが確実に視聴率は見込めます。テレ朝は局が一丸となって三冠奪還を目指しているので、今後はこれまでの人気番組を中心にした手堅い編成になりそう。新番組も、数字がふるわないとズバっと切られそうです」(前出・テレビ局関係者)

6日は人気ドラマシリーズ「警視庁捜査・一課長」のスペシャルドラマ版を放送。さらに開幕目前のサッカー日本代表が王座奪還を目指す「AFCアジアカップ2019」も独占放送。年明け早々から、テレ朝は“大攻勢”を仕掛けることになりそうだ。

あわせて読みたい

「テレビ朝日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。