記事

平成最後のイッテンヨン 新日本プロレスの野望は止まらない

1/2


プロレス初詣企画、新日本プロレスの「イッテンヨン」東京ドーム大会に今年も行ってきた。同社のTwitterアカウントによると、1月1日の段階で前売りが昨年の動員数である34,995人(実数)を超えており、久々にドームでのプロレス興行での規制退場が復活するなど、話題になっていた。同社のサイトによると、今年の動員は38,162人(満員・実数)だったそうで。残念ながら、超満員にはならなかったものの、それでも「入っているなぁ」という感じだった。本編開始1時間前から始まる第0試合の段階でぎっしり埋まっていた。

※なお、会場でもアナウンスされたが、同社は「動画」の撮影やネット投稿は禁じているが、「写真」は自由とのこと。そのため、私もブログ、当日、個人のiPhoneで撮影した写真を貼り付けることにする。

ニュース番組やドキュメンタリー番組でプロレスが取り上げられる機会も増えた。その中で、「プ女子(プロレス女子)増加中」などと報じられているが、あくまで私が観戦していた2階席に関しては「男だらけ」という印象だった。男子トイレが今までの人生で体験したことがないほどの長蛇の列。私のような80年代にゴールデンタイムを、90年代にドームプロレスを体験した世代が、仲間や家族を連れて戻ってきているようにも見えた。あくまでこの日の体感値だが。ひょっとすると、より高い席ほど女子率が高いのかもしれない。



第0試合の4チーム対抗6人タッグガントレットマッチですでにヒートアップ。かつてのIWGPチャンピオン永田裕志、鈴木みのる、真壁刀義などのスターが出るという贅沢仕様。その後、ルール講座や、マナーに関するアドバイス映像まで流れていた。初観戦の人にも役立つものだった。

本編開始前に場内が湧いたのは、2019年から2020年にかけてのビッグマッチスケジュール。ニュージャパンカップ決勝戦をNYのマジソン・スクエア・ガーデンで開催!NY進出、しかもいきなりMSGとは!さらに、ベストオブスーパージュニア決勝を両国国技館で、G1クライマックスの開幕戦をUSで、G1決勝戦は昨年同様武道館3連戦、UK大会の開催、地方大会も大会場の2連戦多数・・・。さらに!来年の正月の東京ドーム大会はプロレス・格闘技史上初の2連戦!この発表で、場内には万雷の拍手が。

この段階で、私はファンとして大きく感動するとともに、その企業姿勢に安心した。ブシロードが新日本プロレスリング株式会社を子会社化したのが2012年の1月。あれから7年。業績はV字回復し、昨年の売上は過去最高の49億円となった。プロレスブームも再来した。しかし、これ以上、何を目指すのかという疑問があった。一方、プロレスにおいてもグローバル競争が起こっている。より大規模な活動をし、ファイトマネーをあげなくては売上が12倍以上とも言われている世界一のプロレス団体、WWEに選手を引き抜かれてしまう。実際、新日本プロレスからも選手の流出が目立った。

これだけのビッグマッチをプランするならば、目玉カードも用意するだろうし、大物選手の引き抜きもあるだろう。すでに新日本プロレス出身でWWEで活躍する中邑真輔選手が、契約満了に至った場合、Uターン参戦するのではという憶測が流れていたりもする。

ブシロード体制になって7年。次の大きな夢を描いていて安心した。

あわせて読みたい

「新日本プロレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。