記事

立憲民主党の脱リベラル作戦は功を奏するか

立憲民主党の枝野代表は、保守本流を称することでいわゆる無党派層の支持を得ようとしているようだ。

立憲民主党がリベラル政党だという看板を外そうとあれやこれや試みようとしているようだが、リベラル政党という看板以上に立憲民主党の看板になりそうな人の顔を変えない限り無理だろうな、というのが私の率直な感想である。

枝野氏は革マル系だ、などという風評もあるが、私は枝野氏は本質的には保守の政治家だろうと思っている。
まあ、時流に乗ってその時々のスタンスを変えているようだから何が本当の姿かよく分からないところがあるが、結構融通無碍で、どこにいてもそれなりの役割を果たせそうな雰囲気を持っている。

枝野氏が保守本流を志向することは悪いことではないと思うが、しかし、枝野氏に付き従う人たちが皆保守か、と言えば、どうも違うように思う。

まずは、共産党や社民党とどのように向き合うのか、で保守本流かどうかが決まるように思う。
枝野氏がどこまで選挙至上主義なのか分からないが、共産党と候補者調整をしたり選挙協力をしてしまえば、多分世間の人は立憲民主党を保守本流などとは認めない。

有権者の中で最大の勢力を占めているいわゆる無党派層をどうやって魅き付けていくか、というのは与野党問わず実に大きな課題なのだが、今の立憲民主党がそのままで無党派層の受け皿になれるとはとても考えられない。
お気の毒ながら。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  2. 2

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  3. 3

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  4. 4

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  7. 7

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  8. 8

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  9. 9

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  10. 10

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。