記事

人脈を創るのではなく、人脈を呼ぶ自分を創る

おはようございます!田中です。昨日は、素敵すぎる結婚パーティーに参加させていただいていました。以前、ValueDesign.netにて開催したチャリティセミナーでゲストスピーカーとして賛同してくださり、お世話になっていた兵庫県議会議員の先生。

まさか自分が議員さんの結婚パーティーに出席することになるなんて今まで予想もしていませんでしたが!(笑) 素敵なご縁の繋がりに感謝感激。

リンク先を見る

恋愛の出会いも仕事の出会いも、人と人との繋がりが生むもの。そんなことを実感し、沢山の幸せをいただけた素敵なパーティーでした。

そんな私。ちょうど先日、”人脈” をテーマとしたセミナーにて、”人脈が少なかったのにここで登壇している理由は?” というテーマで登壇させていただいたばかり。

人脈が大事!それが全て!と言わんばかりに、沢山の交流会などに足を運ぶ人を見かけることがありますが、私の場合は全く逆でした。

・・・交流会に行くのが、怖くて仕方が無かったんです。

私と名刺交換した人は、私をどんなふうに振り返るだろう?


「名刺交換した人」が、ただの「名刺交換した人」であっては全く意味が無いわけで、それなら私と名刺交換した人は、一週間後、名刺を整理したときに私のことをどんなふうに思い出し、振り返り、認識するんだろう・・・?

この質問に答えられなかった2年ほど前。交流会などに手当たり次第に参加しても、何の意味もないことを実感しました。
大事なのは自分が誰を知っているか?ではなく、自分が誰に、”何によって”知られているか?
そんなシュンペーターの言葉が心に刺さったからです。

リンク先を見る

これは、何の実績も経験も無い状態で”器”(立場や役職)を創ってしまうときのデメリットでもありますよね。

素敵な名刺を作ったとしても、自分の中身がその立場や役職や肩書に追いついておらず名刺交換するのが恥ずかしくなってしまう・・・このスランプから脱出するには、自分自身の中身を蓄積するほかありませんでした。

人脈を呼べる自分を創る


22歳の春、ようやくそのことに気が付き、交流会などに参加するのをぴたりとやめました。

お願いされて参加することはありましたが、以前のように手当たり次第に名刺交換の場に行くことはなくなりました。

「そこに行けば素晴らしいチャンスがあるかも・・」そんな想いが頭をよぎりましたが、そんな素晴らしい出会いの場に行くのなら尚更!”これで覚えられたい自分” を明確にしてからでないと。

当時は学生でしたが、ただの”○○大学の学生”としてではなく、”○○のために××のような活動をしている人間” と見てもらいたかったんですね。

リンク先を見る

そして私が始めたのは、自分磨き。ブログの毎朝8時更新をスタートし、とにかく蓄積をしようと、人脈づくりよりも、自分自身の事業の運営や自分の勉強に時間を割きました。

この頃は、ほとんど人にも会っていませんでした。そのことを人に指摘されることもありましたが、”今の自分”で交流会に出入りするよりも、”蓄積した自分”で交流会に参加した方が、ちゃんと自分にとって重要な、夢を応援してくれる人間にリーチできると思ったからです。

そして発信をし続けた結果、こういった交流会に参加者としてではなく、ゲストスピーカーとして呼んでいただけるようになりました。

そうして以前の何倍もの人と、素敵なご縁で繋がることができました。

人脈をつくれ!といった本が驚くほど出回っていますが、人脈は創るものではなく、人脈を呼べる自分を努力して創るのが、一番の近道なのではないかな?と思います。

リンク先を見る

これは私がすごく大好きな写真。自分が目指すものは、左か?それとも右か?

一度立ち止まって考えてみるのも良いかも知れません。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    前澤氏はお金配りしない方がいい

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。