記事

坂上忍からみのもんたまで「大物司会者」の姿勢に背筋がピン

1/2

 いわゆる「国民的スター」といわれる大物タレントたちは、舞台裏でもまわりが感激するような言葉を残していた。後輩、付き人、番組スタッフなど身近な人たちが、そばにいるからこそ聞けた、スターの「金言」を語る。

【坂上忍/放送作家・デーブ八坂氏】

「台本に自分で『誰にどんな質問をするのか』を真っ黒になるまで書き込むのが坂上さん。『僕は芸人さんではなく役者なので、台本がないとダメなんです』ということなんだそうです。

 バラエティでも天下を取る勢いだが、『台本をしっかりこなしながら、自分を出す』ということを徹底しているのを知りました」

【田原総一朗/放送作家・野尻靖之氏】

「あるトーク番組で田原さんは、『僕、世間話、しないんです』と語った。あれだけ交友関係が広く、インタビューの達人の田原さんが、しないとは驚きだった。

 熱意が伝われば、人は心を開くのかもしれない。僕も世間話が苦手なだけに、気が楽になった」

【大竹まこと/放送作家・HT氏】

「『大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送)に、『くにまるジャパン 極』(文化放送)の野村邦丸さんがゲスト出演したときのことです。

 私が邦丸さんの番組で担当するコーナー『おもしろ人間国宝』を大竹さんに聞いていただいたようで、こう言ってくださいました。

『あのコーナーはあいつがやってるんだろ。あいつは俺の番組やってるときに、琴線にふれる文章を書くのが苦手だった。でも、向いていない奴が続けると、逆におもしろいことが起こるんだな~』

 後日、大竹さんのところに会いに行き、『お前はバカなことだけやっておけばいいんだ』と褒め言葉をいただきました」

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  7. 7

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  8. 8

    ガールズバーと混同 バーが怒り

    木曽崇

  9. 9

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。