記事

正しい歴史認識を得るために必要なこと

ある歴史勉強会に、友人のご好意で参加させていただいてきた。いろいろなお話をうかがって来たのだが、今までの経験や学んだことをあわせて、正しい歴史認識を得るためにはこういうことが必要なんじゃないかというのが教えていただいたことも含めてつらつら脳内に溢れて来たので書き留めておく。

  • 歴史に良し悪しをつけない。つけてるものを信用しない。まず事実を知る
  • 中立であることすら必要ではない。事実がどちらの有利に傾くかを考慮しない
  • 歴史には当事者がいる。当事者にとってどう見えるかは考える必要がある
  • 知識は大切。どうして戦争が起きたかを知るには、地理も軍事も政治も経済も知識として知る必要がある
  • 誰の証言もその人の見た世界というだけであることを意識する
  • メディアは煽るだけなので信用してはいけない

ネットでは昔から政治を中核として歴史認識問題がよく議論されてるが、ほとんどは良し悪しのふっかけ論でしかない。許せないとか日本はいいこともしたとかそんなのばっかり。

いいか悪いかは誰かに取っての結果論でしかなく、それは以前にも書いたのだが、政治をやりたいのか歴史をやりたいのかはっきりしろといいたくなる。

最近南京事件についても議論が巻きおこってたが、その規模や残虐さについての話ばかりで、本当に「善し悪しをつける」ための議論にしか見えなかった。なぜ起きたのか、どうしたら再発を防止できるのかといった議論にならないのは、それが「歴史問題」ではなく「政治問題」だからなのだろう。

また、日本では「歴史」を学んでないという話も出て興味深かった。義務教育でも社会科の一部でしかやらないし、高校でも必修ではない。だから「学校では教えてくれない真実」的な煽りに乗ってしまって変な歴史認識が広まったりするのだろう。それが政治の場にまで影響を及ぼすとなれば、これは本当に大問題だ。

最後に、勉強会で推薦された本を書き留めておく。どれも良書らしいのでいずれ手を出そうかと思う。

リンク先を見る
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
  • 作者: 加藤陽子

  • リンク先を見る
    明治天皇〈1〉 (新潮文庫)
  • 作者: ドナルドキーン,Donald Keene,角地幸男

  • リンク先を見る
    本人の戦争―作家の日記を読む (文春文庫)
  • 作者: ドナルドキーン,Donald Keene,角地幸男
  • あわせて読みたい

    「南京事件」の記事一覧へ

    トピックス

    1. 一覧を見る

    ランキング

    1. 1

      山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

      田中龍作

      10月16日 09:34

    2. 2

      GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

      かさこ

      10月16日 09:20

    3. 3

      高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

      小宮山洋子

      10月16日 11:40

    4. 4

      「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

      女性自身

      10月16日 10:57

    5. 5

      「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

      PRESIDENT Online

      10月16日 15:51

    6. 6

      甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

      早川忠孝

      10月16日 17:23

    7. 7

      新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

      ABEMA TIMES

      10月16日 15:32

    8. 8

      アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

      女性自身

      10月16日 09:47

    9. 9

      総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

      NEWSポストセブン

      10月16日 11:29

    10. 10

      立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

      ABEMA TIMES

      10月16日 15:23

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。