記事

年明けの政局

 新年早々から、政党や会派の再編に向けてのうごめき。

通常国会召集までに、いや正確に言うと会派届け出までに離合集散が、急ピッチで行われる。 もちろん、自民党一強政権下の国会での舞台は、野党だ。

 無所属の会の皆さんが解散して、立憲に合流、あるいは敢然無所属の皆さんも自らの身の置き場について、思案のしどころなのだろう。

国民民主の皆さんにしても似たような状況かもしれない。

いずれにしても、国民不在の動きにしか見えないのは致し方ないところであろう。

それでも、野党は、どうにかして、まとまろうと努力するしかない、と思う。

 こうした新年早々の状況が、私にも伝わってくるほどだ。
国会の状況も、それほどまでに切迫しているということだろう。
毎月連載している、毎日新聞政治プレミアにも、新年の記事として、今年の政局を俯瞰してみたが、本当に何が起きるかわからない年だと思う。
新年早々の、政局の動きが耳に入り、これは、もはや私の予想を超える政局が訪れるのかもしれない、と肝に銘じている。

あわせて読みたい

「政局」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。