記事

西武そごう「わたしは、私。」に感じたモヤモヤの正体

1/2
サムネイル 困ったときは いらすとや…。

 西武そごうが元日、新聞に掲載した全面広告がネットの一部でボヤを招いている。

 ぼくもツイッターで流れてきたのを始めて読んだとき、「一見、耳障りの良い言葉が羅列しているように思えるけど、なんかモヤモヤする」という読後感をもってしまった。

 年始の連休という貴重な時間を使って、この「モヤモヤ」について考えていたら、ある原因が分かった。

「わたしは、私」に感じるモヤモヤの正体

 一言でいえば、この「モヤモヤ」の原因は「同じ文章で、あたかも同じ話題のように2つの話題が並べられていること」へのモヤモヤではないだろうか。

とりあえず、以下が全文。

女だから、強要される。
女だから、無視される。
女だから、減点される。
女であることの生きづらさが報道され、
そのたびに、「女の時代」は遠ざかる。

今年はいよいよ、時代が変わる。
本当ですか。期待していいのでしょうか。
活躍だ、進出だともてはやされるだけの
「女の時代」なら、永久に来なくていいと私たちは思う。

時代の中心に、男も女もない。
わたしは、私に生まれたことを讃えたい。
来るべきなのは、一人ひとりがつくる、
「私の時代」だ。
そうやって想像するだけで、ワクワクしませんか。

わたしは、私。

 知らなかったのだが、実はこの「わたしは、私。」は2017年から続いているシリーズで、今回突然出てきたわけではない。そのことからも分かることがあるが、後述する。

女だから、強要される。
女だから、無視される。
女だから、減点される。
女であることの生きづらさが報道され、
そのたびに、「女の時代」は遠ざかる。

 「女性だから、減点される」の文言は、一部の私大医学部の受験で次々に発覚している女子受験生に対しての不正な「減点」を想起させる。

 そのことからも、この文章が「女であることの生きづらさ」を今日的な「社会問題」として取り上げようとしていることは明白だ。

今年はいよいよ、時代が変わる。
本当ですか。期待していいのでしょうか。
活躍だ、進出だともてはやされるだけの
「女の時代」なら、永久に来なくていいと私たちは思う。

  途中で挟まる謎のダイアローグ風2行がノイズになっているのだが、それは脇に置いておこう。

 現政権はどうも「女性の輝ける社会」を目指しているそうだが、そんなお題目を並べても内実がともなっていないなら無意味だ、ということが言いたいのだろう。たぶん。

 では、この「社会問題」パートを受けて、後半の文章で女性に対して「強要」し、「無視」し、「減点」する(この文章でなぜかはっきりと明示されない)主体に対する反抗や、対抗策が描かれるのかというと、そうではない。

 時代の中心に、男も女もない。
わたしは、私に生まれたことを讃えたい。
来るべきなのは、一人ひとりがつくる、
「私の時代」だ。
そうやって想像するだけで、ワクワクしませんか。

 一転して、後半で訴えているのは「個人の生き方」の問題である。

 このように「女だから、」から「私たちは思う。」までの前半の行で書かれているのが「社会問題」であるのに対し、後段の「時代の中心に」から最後までで描かれているのは「個人の生き方」である。

 前半と後半は対になっているようでいて、実は全く対になっていない。全く別の話をしている。ぼくが感じた「モヤモヤ」を感じたのはきっとこの「ズレ」にこそあると思われる。

 論理的に考えても、後者が前者の処方箋にはなり得ない。いくら個人が「わたしは、私」と思っていても、「強要」し、「無視」し、「減点」する側がそう思ってくれるとは限らない。もしあなたが女性だとして「わたしは、私」だと思って受験に臨んでも、採点する側は「女性」とみなして減点するだろう。アカンけど。

 前者の「社会問題」を解決するにはやはり、「社会が変わる」しかないのだ。

あわせて読みたい

「そごう」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  8. 8

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  9. 9

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  10. 10

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。