記事

平成の終りに改めて報じられる宮崎勤元死刑囚から私に届いた300通以上の手紙

1/2
幼少期の宮崎勤死刑囚(「夢のなか、いまも」より)

 このところ「平成を振り返る」という特集に新聞・テレビが取り組んでいるが、その中で埼玉連続幼女殺害事件の宮崎勤死刑囚(既に執行)について触れるものが結構あって、私のところにもいろいろな取材が入っている。12月28日には日本テレビが特番を組み、その中で宮崎事件についてドラマ仕立てで大きく取り上げていた。

 ちょうど1年前、フジテレビが特番で宮崎事件を大きく取り上げ反響を呼んだが、それと同じ、逮捕後の宮崎死刑囚の取り調べ時の音声テープが使われていた。テレビで肉声を報じるというのは迫力があるからだろう。

 私のところにも局から依頼があって、熱心に言われたのは、この記事の冒頭に掲げた宮崎死刑囚の幼少時の写真を使わせてほしいということだった。この写真は、宮崎の2冊目の著書『夢のなか、いまも』に掲載したものだが、私は本から撮ったことがわかるような使い方なら良いが、写真そのものを独自入手したかのような使用はお断りした。

 この写真は実に貴重なもので、著書を刊行する際に、宮崎本人から掲載してほしいと送ってきたものだ。宮崎は幼女を誘拐して山の中へ連れていく時、その幼女との関わりを「懐かしい甘い世界」と表現していた。宮崎はいつもその「懐かしい甘い世界」である「自分が自分であった子どもの頃」に戻りたいと言っていたのだが、その「自分が自分であった」幼少期の象徴として、この写真を大事に保管していた。幼女連続殺害犯という彼の世間一般からのイメージとはかけ離れた、屈託のない笑顔の宮崎だった。

 「懐かしい甘い世界」とは、宮崎の事件全体を考えるうえでのひとつのキーワードなのだが、その世界を表しているのが、この写真なのであった。ただ私は、写真自体は彼の母親に返却したし、著作権などの問題が微妙なので、写真そのものを画面で使うことを断ったのだった。

 そして放送から1日たった29日、昨年10月10日に私がヤフーニュース個人に書いた記事へのアクセスが急増していた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20171010-00076765/

フジテレビの放送で反響を呼んだ宮崎勤死刑囚が処刑直前に送ってきた手紙

 その中でも、宮崎の自筆のイラストを紹介したのだが、私の手元には、そうしたイラストなどまだ未公開のものがたくさんある。12年間、宮崎本人と毎月数通にのぼる手紙のやりとりをしていたし、彼はイラストなどを頻繁に送ってきていた。その中で、犯行現場に現れたと彼が言う「ネズミ人間」や、事件を解く重要な存在である「おじいさん」などのイラストは彼の著書『夢のなか』『夢のなか、いまも』に掲載した。

 この事件は、私はまだ真相が十分解明されたとは言い難いと思っていて、それを継続して考えていくのは、自分の責務だと考えている。そして1年前のヤフーニュースの記事でこう書いた。

《宮崎勤をネットで検索すると、いろいろな記述が出てくるのだが、本人に肉薄したものがほとんどない。宮崎事件の頃までは、いまほどネットが普及していなかったため、私も彼とのやりとりをネットにほとんどアップしていない。でも、後世の人は、宮崎について調べようと思えばまずネットを検索するに違いない。だから今後、私も少しずつネットに宮崎についての情報をあげていこうと思っている。彼とかわした情報はまだほんの一部しか公開していないし、宮崎事件というのは世間で思われているほど単純ではないと私は考えている。》

 この1~2年、私は、相模原障害者殺傷事件の植松聖被告と関わり、その深刻な事件の解明に力を注いできた。それもあって今思い返してみると、宮崎事件についての情報を少しずつ整理して公開していこうという1年前の思いが一歩も進んでいないことに気が付いた。

宮崎勤死刑囚から届いた手紙の一部(筆者撮影)

 宮崎事件は、実は「平成の幕開け」という当時の状況と密接につながっている。例えば、彼は1989年2月に被害幼女の自宅に遺骨を送り、犯行声明文を新聞社などに送ることで、事件の様相は「劇場型」と称されるものに一変するのだが、なぜ彼が、わざわざ足がつくようなことをその時期に行ったかについては、ほとんど知られていない。

あわせて読みたい

「宮崎勤」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  5. 5

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

  10. 10

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。