記事

タレントの政治発言 右翼発言でも擁護するのか!というすり替えの論理に欺されないでね 表現の自由の価値を再認識しよう

ローラさんの発言を擁護するのは、辺野古移設に反対の立場だから?

 私は、この間、ローラさんの発言についてそのバッシングを批判し、またスポンサーの論理を振りかざす人たちを批判してきました。

著名人の政治的発言へのバッシングは反体制狩り 現状に疑問を持つことを許さない危機的な世相

ローラさんの発言が大迷惑?? 大王製紙前会長・井川意高氏の論理 スポンサーの論理って本当?

 これだけ書けば普通はわかると思うのですが、何故か、ローラの発言が左翼的だからだろとか、右翼発言でも擁護するのか、とかいうように食って掛かってくる人たちがいるのは、とても残念です。

 重要なのは、タレントだからというだけで政治的発言を封じ込めようとすることへの批判。
 それがカネの力にものを言わせて黙らせようとすることへの批判です。

 要は、発言の機会を奪うことに対するものであって、発言の擁護とも次元は異なります。
 そうであれば、結論ははっきりしていて、右翼発言だからといってその発言の機会を奪うのはダメね、ということです。何も難しいことではありません。

香山リカさん もうちょっと表現の自由の意義を考えた方がいいのでは? 講演の中止はブーメラン

 もっとも、現実のマスコミでは、タレントによる右翼的発言は黙認傾向があります。カネを出す側の論理も働いているのかもしれませんが、長いものには巻かれろ的な発想の中でそういった発言の機会を奪ってしまえというような雰囲気は全くないわけです。

 中には不買だとかいうような呼び掛けもありますが、何度も申しますが、企業、商品とは関連性がないわけで、CMのタレントが右翼発言をしたからといってその商品を買うなは飛躍があるわけで、そうしたこととは私は一線を画することになります。

 繰り返しになりますが、そのタレントの右翼発言は批判の対象です。

 しかし、現実には右翼発言の機会を奪えというようなバッシングなど起きてはいないし、それが現実のものともなっていないのです。体制よりなのですから当然といえば当然の現象なのですが、バランスから言ってもよりローラさんの発言を行ったこと自体を擁護しなければ、政治的意見表明の自由(表現の自由)が危なくなるというのも容易に認識できるもので、だからこそローラさんの立場に立ったバランス感覚も求められるのです。

日本社会は子どもたちの手本になれるか


 そういうと、「ほら見ろ、ローラ発言を擁護しているではないか」と右翼層はいきり立つかもしれません。

 でも、これが的外れであることは、もうわかりますね。少数者の側の意見自体を封殺しようとしているのです。そのような場合はむしろ多数派の人たちこそ、こうした発言をしたこと自体を擁護すべきなのであり、これこそが言論の自由の価値です。

 少数者であろうとも発言自体は行えるようにする、そうした機会の奪うようなバッシングが問題なのであり、降板させよとかそういったことが社会の閉塞性を強めることになってしまうのです。それは企業も同じです。

 昨今、経団連会長が原発推進には国民の理解がないと今頃、わかったのかという発言をしていましたが、企業においても気に入らないものに対してカネ出さないということではなく(企業にとって迷惑だ!なんて言えてしまうのは常識を疑います。)、社会の中で共存するという姿勢も大切なのです。それが我が国の民主主義の成熟度の問題なのです。

 右翼層のこうした欺し(というより本気で理解できていないんだろうか?)の発言に欺されないように十分に注意してください。

あわせて読みたい

「ローラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。