記事

乙武さんの『車輪の上』の感想がずっと書けなかった理由、父親からもらった言葉。

1/2

私の本が、売れません。|乙武 洋匡 @h_ototake|note(ノート)

先日、乙武さんがこんな話をnoteであげてました。

---引用---

こちらの『車輪の上』。まあビックリするほど売れていません。初版6000部というスタートだったのですが、そこからピクリとも数字が動いていません。当然、重版もかかっていません。心が折れそうです。いや、折れました。

----------

僕は、すぐに電子書籍で購入して、2,3日かけて読んでました。昨年の10月のことです。あらすじはamazonにに書いてありますし、感想もいろいろなところに出ています。

そして先日の乙武さんのnoteを読みました。

なぜ売れないのかというのはわかりませんが、少なくとも僕が10月に読み終わってからも、感想をなかなか書くことができなかった理由はあげておきたいと思いました。年をまたいで。

僕は血のつながらないひとたちと一緒に暮らしていました。宿泊型の共同生活型自立支援を営む両親のもとに生まれました。それだけだとよくわからないと思います。

児童養護施設のようなものでもなく、社会福祉法人でもなく、個人事業主として全国からたくさんの若者がウチに来て暮らしてました。物心ついたときには何十人で朝ご飯食べてましたから、それが当たり前の風景でした。

40年も前からの話です。非行や不登校で学校はもちろん、地域や自宅にもいることが難しかったり、何年も自室から出ることがなかったり。男性も女性もいました。朝ご飯を食べて、ウチからみんな学校へ行ったり、何かいろいろしていたり。宿泊ではなく通所、自宅から毎日通ってくるひともいました。

そこには障害を持つ方もたくさんいました。自閉症だったり、知的障害だったり。あまりにも昔の話で、どのような障害を持つ方が来られていたのか覚えていません。

生まれながらに自宅に障害を持つ方がおり、入れ替わることがあり、でも血のつながりもなければ、行政の政策で受け入れているというわけでもない。あくまでもご本人とご家族の意思によります。

一番記憶にあるのは、僕の大切な大切なガンプラ。小学校4年生くらいだったと思いますが、学校から帰宅すると全部破壊されていました。泣きました。壊したのは中学生くらいだったと思いますが、知的障害のひとでした。

そして僕は両親に言いました。ガンプラ壊されたと。あいつにやられたと。怒ってほしいし、全部弁償してほしいと。

そして父親から言われました。

「彼のことを知っているのに、そんなところにガンプラを置いているお前が全部悪い」以上。

はっ、そうか!

とはなりません。納得もいかないし、そもそもお小遣いを注ぎ込んだガンプラがやられているんです。連邦軍もジオン軍の双方に鉄槌がくだり、ただの一体も残ってない。残念ながら砂漠やコロニーのどこかに隠しておいたみたいに、唯一残った・・・というのもない。

いま振り返ると、自分の考えや行動によって、彼が彼として持つ特徴によって誰かに怒られる可能性を作ってしまった。きれいごとかもしれませんが、一緒に暮らすというのは、トリセツを読む、というものとは異なる理解を得ることができます。

あわせて読みたい

「乙武洋匡」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  3. 3

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  4. 4

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  5. 5

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  6. 6

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  7. 7

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  8. 8

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  10. 10

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。