記事

テレビはオワコン、今はYouTubeという化石脳

わしが「レコード大賞が『USA』でなかったのはペテンだ」と書いたら、「レコード大賞なんてそんなものなのに怒るなんて情弱だ」と批判してくる者がいるが、頭は大丈夫なのか?

わしが本気で怒ってると思ってるの?
怒ってるふりしなきゃ、ピエロになってみせなきゃ、大衆とともに楽しむことなんて出来ないじゃないか。

しかし、レコード大賞なんてオワコン、紅白歌合戦もオワコン、そもそもテレビなんてオワコン、今はYouTubeが権威だなんて、恐ろしく古い観念の者がいる。
YouTubeの再生回数に権威を見出す者なんて、未だに「流行」こそ真理だと思い込んでる化石脳の者だろう。

平成最後の紅白歌合戦は41.5%もあったという。
それこそネット他の媒体があるのに、この数字は凄い。
米津玄師の生歌唱は本当に歌が上手いんだとYouTubeじゃわからなかった感動を与えてくれたし、MISIAの歌唱力は、レコード大賞で見せてくれた感動を、またしても再現してくれた。
YouTubeのダメなところは人の魂を震撼させる実力が伝わらないところだ。
コンサートに行けば、それが味わえるのだろうが、コンサートに行ってみたいと思わせる歌手の実力は、やはりテレビで知る他ないのである。

今年の紅白は、番組全体として、わざとらしい演出が減って見やすかった。
松任谷由実やサザンが大御所となったことが、時代が変わったという感慨もあった。
テレビがオワコンと思ってる人は、この話題にもついていけまい。

紅白歌合戦は毎年、復権するために必死で試行錯誤を繰り返している。そして今年は復権した。
レコード大賞も復権しなければならない。
それはYouTubeの再生数を権威にすることなく、「国民的な楽曲」は何かを公平に審査するシステムを取り戻すことから始めるしかない。

冷笑的に「オワコン」を繰り返す意見より、あえて怒ってみせて、いかに歌が好きな人間がいるかを見せつける事の方が、日本の歌謡界に貢献することになるのだ。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  6. 6

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。