記事

新年早々、どうでもいい目標掲げてるのはどいつだ

本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと108円ですが年間のマガジンだと3980円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

1 わたしの加入している自動車保険について
2 1,000万PVのブログを持つ音楽スタジオの次の一手
3 A5ランクの牛肉をありがたがる風潮を変えるには
4 「ピースワンコ」の週刊誌報道についての考察
5 コミュニケーション不足を上司に指摘された理由
6 転職でどの業界に行くべきか迷った時の判断基準
7 医師の開業コンサル依頼で注意すべきポイント

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

さて正月です。なのに波も無いのでさっきまでミーティングしてました。いまはメルマガ出してブログ書いてます。昨日は誘惑に負けて玄米餅と伊達巻き一切れ食べて酒をガブカブ飲んでしまいました。ちくしょー!!!!(コウメ太夫風)

本日は、SNSのタイムラインにも溢れている、「今年の目標」についてかまします。
子供の頃、必ず「今年の目標を立てろ」みたいなことを言われまして

不得意な学科を無くす
風邪を引かないようにする

みたいな目標を立てさせられました。この伝統のせいか、大人でも

上司に頼られる自分になる
英語を学ぶ
資格を取る

みたいなことを平気で挙げる人がいるのですが、これ全部、ムダだと思います。
仮に本当に目標を立てるなら

いつまでになにを!!

という具体的な数値がないものは、全く無意味だからです。しかも「信頼を得る」みたいな抽象的な目標は最初から「ナニもする気はない」と主張しているようなもので、周囲が不愉快になるだけ(普通は流すと思うがへそ曲がりの自分は不愉快)です。具体的なというのは

「資格を取る」 → ◎月の××資格試験に合格する
「英語を学ぶ」 → 今年のTOIECで700点を取る

みたいな数値化できるものです。数値化できない目標など「言うだけ自己満足」「すぐに忘却」「毎年同じ事言ってる」の典型ですので、こうしたことを挙げるだけで恥ずかしいと思うべき。ガキかよ、と言う感じ。

むしろ、目標なんて不必要では?

自分のスタンスはこちら

はっきり言うけど、今年の目標はおろか、目標というものを今まで作ったことはない。楽しんでやってるうちにおのずと成果はでる。SEOのための意図的な施策なんて無意味で、いいコンテンツを作れば結果は出るというのに似ているな、的な。

ネットの世界で言うと、一昔までは

検索順位を上げるためにあれこれ

といういわゆるSEO業者がいました。というか今でもインチキ業者はいます。ペナルティ付く可能性が高いのにバックリンクを大量に付けるとか、そういう奴らです。サイト構造を見直すというのもありますが、あくまでそれはアクセスしてきた人たちに分かりやすくするためであって順位を上げるためじゃない。そんなことしてもカス記事ならいまは順位は上がりません。

いまの考え方は

検索順位は結果であって目標じゃない

ということなのであって、検索順位の上昇はあくまでいい仕事をした結果なのであって、ろくな仕事もしていないのにサーエンジンの目を誤魔化して誤認させるようなのは通用しません。

年間の目標だって同様で、楽しく自分の仕事をしていれば結果は自ずと着いてくると考えるのがいまの価値観でございましょう。課長になりたいから部長に胡麻をするとか、そんな目標ありきはいまの時代は通用しないんですよ、といっていまから昼寝します。

寝ながらコレ見るのだ

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。