記事

フジ、“守りから攻め”の日曜ゴールデン改編 編成部長が語る狙い

1/2

①看板番組を作らなければならない

フジテレビは、日曜日のゴールデンタイムに、『でんじろうのTHE実験』(今冬スタート、毎週日曜20:00~)、『アオハル(青春)TV』(1月スタート、毎週日曜21:00~)という2つの新レギュラーバラエティ番組を編成することを発表した。日本テレビがトップを走り、テレビ朝日が猛追をかける時間帯で、あえて勝負に出ることにしたのだ。

視聴率の苦戦が続く中、最激戦区で反転攻勢をかける狙いは何か。同局の齋藤翼編成部長に、話を聞いた――。

『でんじろうのTHE実験』の米村でんじろう氏(上段左)とオードリー(上段右)、『アオハル(青春)TV』のヒロミ(下段) (C)フジテレビ

■あえて“総合バラエティ”に

――激戦区である日曜のゴールデンタイムに、再びレギュラー番組を投入することを発表されましたが、まずはこの狙いについて教えてください。

おかげさまでドラマは最近良い評価をいただくようになったのですが、月曜日から木曜日まで好調に推移したとしても、金・土・日の週末が弱いので、ここに注力して改編作業を進めてきました。10月改編では、金曜19時に『坂上どうぶつ王国』、土曜19時に『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』、20時に『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』という新番組を立ち上げましたが、そのときに1月には日曜日のゴールデン帯を改編することも決めていました。

当然、他局さんが非常に強い時間帯なので、正直悩みました。もしかすると今までの『ニチファミ!』単発枠のままのほうが視聴率は良いのではないか、これをベースに実績を積み上げていくほうが失敗しないのではという考え方もあったんですが、それをずっと続けていくのでは今の(民放視聴率)4位の中で何も生まれないと考え、気持ちを切り替えて勝負に出てみようということです。

――守りよりも攻めに出るということですね。

いつまでも守っているのではなく、どこかで攻めに転じないといけないという思いはありました。新番組を立ち上げるときに、世帯視聴率を取りに行こうとすると、今のテレビ視聴環境を意識して3層(50歳以上)、4層(65歳以上)の方向けに医療モノや健康モノに思い切りシフトしていくという考えもありました。しかし、あえてその層だけには絞り込まずに、3層・4層の方も若い方も家族そろって見られる番組をと、総合バラエティに舵を切りました。

――家族そろってという狙いが分かりやすいのは、『でんじろうのTHE実験』(今冬スタート、毎週日曜20:00~)ですね。

この前、番組審議会で『坂上どうぶつ王国』を審議していただきました。その際、審議委員の毛利衛さんが、神社に池を再生する企画について、すごく勇気が出ることを言ってくださったんですよ。「バラエティ番組で池を再生することを通じて、生物のあり方とか環境づくりを自然と勉強できるようなことがあれば、それは素晴らしいことだ」と褒めていただいたんですね。今回の『でんじろうのTHE実験』は、世界の興味深い実験や身近な科学を、分かりやすく解説していく番組なのですが、こちらもバラエティという切り口で科学の面白さを多くの人に感じ取っていただける番組になればと思っています。

■ヒロミやプロデューサー陣が若いDを応援

――『アオハル(青春)TV』(1月スタート、毎週日曜21:00~)は、「何かに一生懸命な人≒アオハル(青春)な人」を発掘していくというフジテレビ伝統の総合バラエティですよね。

2018年に単発で2回放送した番組です。1回目は4月だったんですが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』や『めちゃ×2イケてるッ!』を見て育ってきた僕には、こういう番組と同じようにものすごく輝いているように感じられましたし、ワクワクしながら見ることができました。

ベテランの制作者や編成マンからは「総合バラエティ」というジャンルを視聴率に結びつけるのはなかなか難しい、それを今うちがやるべきなのかという意見もあったのですが、今の時代に合ったフジテレビの看板番組を作っていかなければならないという強い思いで決断しました。それから、自分が目指す日曜ゴールデンの方向性と制作現場の思いが合っているのかを確認するため、総合演出の萩原(通称:マイアミ啓太)とじっくり話し合い、考えていることが同じだと分かったので、日曜21時でやってみようということになったんです。

――思い入れのある番組なんですね。

どんな番組でも、社内で「どうなんだ?」という声があると、自分が直接作っているわけではないんですけど、まるで我が子を非難されているかのように思うんです(笑)。でも、MCのヒロミさんやプロデューサーの面々が、マイアミ啓太という若いディレクターを、すごく応援していて、それがヒロミさんも含めて1つのチームのようになってるんです。

第2弾放送の際の打ち上げに顔を出したんですが、そこでも若手を応援していこうという話で盛り上がったんですよね。YouTuberやTikTokに見られるようなネット動画的な感性、そういう部分ですごくいい感覚を持っていると感じたので、ぜひ日曜ゴールデンという場で、若い力で思い切り腕をふるってもらいたいと思います。

――それにしても、これまで『人生のパイセンTV』を含め、深夜帯の番組を担当してきたマイアミDの『アオハル(青春)TV』で日曜のゴールデンタイムとは、攻めに行ってるなという印象を受けました。

攻めようというおこがましい感覚ではありませんし、多くの人に受け入れてもらえるのだろうか?という不安もあります。ただ、逃げてばかりではなく、今、視聴率が低迷し、われわれの常識が通じていない以上、勇気を持って、時にはわれわれの常識が非常識だくらいに思い、この番組を編成することを決断しました。

――齋藤さんは長く営業畑におられて、社内でもより視聴者に近い目線から、これまでの常識にとらわれない編成というのも意識されているのでしょうか?

そんなふうに後々思われたらうれしいと思いますが(笑)。ただ、もしかしたら、不調の原因はこちらからの一方的な目線で番組を作ってきて、そのツケが回ってきた結果なのではないかという気もしているんです。やっぱり、局のイメージは番組が作りますから、より多くの人に受け入れられる姿勢を1つ1つの番組から感じ取ってもらえるような雰囲気にしなければならないと思います。番組を立ち上げるときは常に意識していることですね。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  9. 9

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。