記事

トヨタKINTO 好きなクルマの乗り換えサービスは定着するか

車は保有から利用へ──トヨタが挑む改革(写真/AFP=時事)

 トヨタ自動車が今年初めから開始すると発表している愛車サブスクリプション(定額制)サービスの「KINTO」。毎月定額を支払うことで、好きなクルマ・乗りたいクルマに自由に乗り換えられるという嬉しいサービスだ。海外ではすでに実施しているメーカーもあるが、果たして日本で定着するのか。佃モビリティ総研代表の佃義夫氏がレポートする。

 * * *
 トヨタは、2019年から国内販売でお客様にクルマとの新しい関係を提案する「愛車サブスクリプションサービス」を導入する。

「保有から利用へ」──自動車ユーザーの生活スタイルや消費スタイルが変化している中、1台のクルマを長年保有するニーズに加え、好きなクルマ・乗りたいクルマを自由に選び、気軽に楽しみたいというニーズが高まってきている。そうしたニーズを汲み取ろうと、国内のトヨタディーラーがトヨタ車を自由に選んで乗れるサービスを新たに展開するものだ。

 サブスクリプションサービスとは、継続課金制により利用期間に対して支払うサービスで、アマゾンやグーグルなどIT企業で展開されているが、自動車でも米国でGM、フォード、ボルボが、英国ではBMWが展開をスタートさせている。

 日本国内で、自動車メーカーが展開するのは初のケースとなるが、トヨタでは「必要な時にすぐに現われ、思いのままに移動でき、環境にも優しい『筋斗雲』をイメージして、愛車サブスクリプションサービス『KINTO』と名付けた」(豊田章男社長)と思い入れを込めている。

 このトヨタのサブスクリプションサービスKINTOは、いわば個人リースの変型といえるが、リースは利用者を特定のクルマに縛り付けることになるのに対し、サブスクリプションサービスでは様々な車種に乗ることができる。

 また、登録・保険・保守を気にしなくても良いし、リースだと保険は自分で入らなければならないが、月ごとに契約することができる。今後、自動車ローン市場が若いユーザーを中心にこのサブスクリプションサービスに移行するとも予測されている。

 トヨタは、自動車業界の100年に一度の大変革の時代対応として、コネクティッド・自動化・シェアリング・電動化といったCASE対応が進むことで、クルマの概念が大きく変わっていくと受けとめている。この大きなうねりの中で、未来のモビリティ社会を見据え、「クルマをつくる会社」から「モビリティに関わるあらゆるサービスを提供する『モビリティ・カンパニー』へと変革する」(豊田章男社長)ことを宣言している。

 サブスクリプションサービスKINTOの国内販売での導入もその一環となる。トヨタ国内販売事業本部副本部長の長田准氏は、「日本の自動車マーケティングを変える手段のひとつとして考えてのトライアルだ」とする。

「KINTOは、基本的にトヨタファイナンシャルサービスでシステム展開する。いろんなタイミングで自由にトヨタ車を選んでもらい、トヨタ固有のコネクティッドサービスでより可愛がってもらえるKINTOで、結果的に買い替え期間の短縮にも結びつくことになると考えている」

 とトヨタ独自のサブスクリプションサービスとしてトヨタ車国内販売の代替え促進にも期待する。

 ただ、「欧米と違って日本の登録制度の壁もある。登録や車庫証明の煩雑さなどが課題で、当面はトライアルであり、日本でこのサブスクリプションサービスが主流になるかというと、まだ大きくは変わらないだろう」とも。

 米国では、GMがキャデラックブランドで月1800ドルからの継続課金で年間18回までキャデラック車種を変更できるサブスクリプションサービスを開始しており、ポルシェは「パスポート」という6つの車種から選ぶことができ、月2000ドルからの支払いとなっている。このほか、ベンツが「メルセデスベンツ・コレクション」として導入するなど、ユーザーの「保有から利用へ」のサブスクリプションサービスの展開は進んでいる。

 日本でも中古車販売の大手、ガリバーがBMW・MINIを月額7万9800円でリース契約できる「NOREL」を展開しているが、走行距離5000km以上か納車から10か月が経過すれば乗り換えられるシステムとなっている。

 トヨタはKINTOの展開について販売金融子会社のトヨタファイナンシャルサービスで詳細を詰めている。クルマを愛車として大切に使ってもらうユーザーに還元すべく、コネクティッド技術を活用した安全運転・エコ運転の度合いや販売店への定期入庫などをポイント化するプログラムも盛り込むことにしている。

 来年からまず東京地区でトライアルすることにしており、KINTOの運営方法・形態・料金体系などは2019年年明けに発表する予定だ。

 もっともトヨタは、国内の販売ネットワーク改革を進めており、2022年~2025年をメドに「全トヨタ販売店全トヨタ車併売」に切り替える。また、カーシェアリング事業も立ち上げ、一方でこのサブスクリプションサービスにも取り組むことにしている。2019年4月から東京のトヨタ4チャネル販売店を統合して「トヨタモビリティ東京」が発足するが、全国に先駆けてKINTOにトライする計画だ。

 トヨタには、トヨタブランドとレクサスブランドがあり、KINTOでは当面トヨタブランド車での月額定額サービスで展開し、若者層の取り込みを狙いとすることになる。まずは、東京でどれだけ受け入れられるかがカギとなる。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。