記事

ダグラス・マレー著『西洋の自死』を読んだ。

ダグラス・マレーの『西洋の自死』を読んだ。
500pもある分厚い本だから2日間かかるかなと思っていたが、紅白歌合戦の始まるころから読み始め、除夜の鐘が鳴るころに読み終えた。

日本でも移民政策に踏み切ったが、その未来が欧州で露わになっている。

結局、グローバリズムを受容するリベラル(日本では自民党も含む)が、ナショナリズムを否定し、寛容な多様性・多文化主義を容認した結果、宗教原理主義に敗北していく、それを後押しするのは植民地政策の過去を原罪と捉える自虐史観だったということだ。

わしが今までやってきたことが全部正しかったと確信した。
これからリベラルを徹底して批判しなければならない。
昨日は4冊読むことができて大収穫だ。

あわせて読みたい

「リベラル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  2. 2

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  3. 3

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  4. 4

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  7. 7

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  8. 8

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  9. 9

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  10. 10

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。